野毛山動物園公式サイト

twitter facebook youtube
レッサーパンダの季節がやってきましたの写真

更新日:2018.11.27レッサーパンダの季節がやってきました

更新日:2018.11.27

レッサーパンダの季節がやってきました

野生のレッサーパンダは年間を通して20℃を超えない寒冷な地域で暮らしています。気温が高い夏場は木陰や冷房の効いた室内で過ごしている日が多かったのですが、気温が下がるにつれて食欲も出て屋外で過ごす様子をご覧いただけるようになりました。これから寒さが厳しくなると、さらに動きが活発になってきます。

レッサーパンダたちの表情も夏場に比べるとイキイキしています。

立ち上がるキク.jpg

上は新鮮な竹を食べようと立ち上がるキク

口を開けるケンケン.jpg

これは好物のリンゴを見て口を開けるケンケン

レッサーパンダの繁殖シーズンも1月~3月位にピークを迎えます。昨年、広島市安佐動物公園から野毛山動物園にやってきたキク(メス)は3才になったので、ケンケン(オス・12才)と同居するチャンスに期待したいと思います。昨年はキクに発情の兆候が見られず、ケンケンに対する警戒心を緩めなかったので、お見合いに至りませんでした。

ケンケンもレッサーパンダとしては高齢なので、今シーズンが繁殖のラストチャンスと思って2頭の関係を見守りたいと思っています。

恋のゆくえはわかりませんが、冬場のレッサーパンダは毛並みもよく、1年を通して最もイキイキしているので、ぜひご覧ください。