金沢動物園公式サイト

twitter facebook youtube
ピンカさまの写真

更新日:2022.03.03ピンカさま

更新日:2022.03.03

ピンカさま

個体識別おさらい編です。今回はメスチームの影の女帝(注!私の勝手なイメージです)ピンカさま。

基本的に展示場で自ら跳ね回ることは無く、チーム編成さえ失敗しなければ、来園者の近くで愛嬌を振り撒いてくれるので、現在精鋭チームには欠かすことのできない個体です。そしてオス2頭メス1頭の3頭の母です。メスは他の動物園に引っ越しましたが、オス兄弟はオスチームで活躍中です。

ピンカさま.jpg

私がピンカさまと呼ぶ理由は、すました顔はとても美人で普段は穏やかですが、身内に対してたびたび気性の荒い個体で、ひとたびスイッチが入ると気にいらない個体に蹴りかかります。また、秋から冬にかけて寒くてイライラしていると、おもむろに担当者の背後に周り蹴りかかってきます。特別敬意をもって接していますが、なかなか伝わりません。彼女の目の色が変わったのを察知したら、私はゆっくりと展示場からフェードアウトするようにしています。ピンカの他に2頭要注意カンガルーがいますが、メスの中でもトップクラスに体重の重いピンカの蹴りだけは、当たるとちょっと痛いんです。

相手はしっかり選んでいるようで、来園者に向かっていったことは一度も無いので、ご安心ください。

ピンカ1.jpg

そんなピンカの特徴です。正直なところ他に似た顔の個体がいないので、この顔自体が特徴なのですが、どうにかポイントを上げてみます。

 

まずは前髪。M字で左右どちらもMの先が目に掛かっています。そして鼻筋はしっかりしています。顔は丸っとしていて、小顔美人です。

特徴1.png 

横顔はスッと平らで凹凸がすくなく、短い印象です。ちょっとオスっぽい顔立ちかな、と思います。

特徴2.png 

そして体の特徴ですが、尾の先端だけ毛がありません。炎症があるわけでも、擦れているわけでのないので、大丈夫なようです。

体の特徴.jpg 

そして、最大の特徴といえばきゅるっと可愛らしく大きな目と『だいたいいつもカメラ目線』。過度の反応はしないものの、警戒は怠らず周りの動きをよく見ているようです。写真を撮ってると、しっかり注視されています。

いつでも、、、.jpg

どこからでも、、、.jpg

カメラ目線.jpg 

さてこの手前の個体、誰だかわかりますか?

 

 

 

つるっとした弧の前髪に、隈取りっぽい目頭のライン。正解はコヨセです。そしてしっかりピンカの目線頂きました。

ピンカとコヨセ.jpg

そういえば、調子に乗った若いメスには教育的指導をしているところをよく見かけますが、お母さんの育児嚢を出入りする1才前後の幼いこどもたちには、甲斐甲斐しく世話を焼いていたのを思い出しました。自分のこども以外にもお乳を飲ませていた姿を思うと、影の女帝ではなく頼もしい姉御なのかもしれませんね。

(しばた)