サイトメニュー ショートカット
文字サイズ

シロテテナガザル


シロテテナガザル

学 名
 Hylobates lar
英 名
 Lar Gibbon
概 要
 

種名のとおり白い手足が特徴で、体色は灰白色のものから黒色のものまでいる。一夫一婦とその子供の4頭前後の家族で暮らし、生活の拠点は樹上で、長い手を巧みに使って木から木へ枝わたり(ブラキエーション)をして移動する。また、主食は果実や若葉で、少量の昆虫も食べる。

体 長
 45~65cm
体 重
 5.5~6.7kg
分 布
 タイ・マレー半島・スマトラ島北部
目 / 科
 霊長目 / テナガザル科
希少種(レッドリスト)
 絶滅危惧種>絶滅危惧IB類(EN)
ワシントン条約
 

ユーラシア区の動物

  • インドサイ
  • インドゾウ
  • シロテテナガザル
  • スーチョワンバーラル
  • タンチョウ
  • ニホンイノシシ
  • ニホンカモシカ
  • ニワトリ
  • ホンシュウジカ