サイトメニュー ショートカット
文字サイズ
トウブハコガメが産卵しましたの写真

更新日:2014.05.14トウブハコガメが産卵しました


更新日:2014.05.14

トウブハコガメが産卵しました

先日孵化したキバラクモノスガメの近況をブログにアップしたいと思いつつ、なかなかいい写真が撮れずに焦る今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

そうこうしているうちに、3月にブログでご紹介したトウブハコガメが産卵しましたので先にこちらをご紹介します。
結構長い時間交尾を続けていたことは3月にご紹介しましたが・・・。
4月の終わりごろから掘ってはやめ、掘ってはやめを繰り返しておりましたので、土の入った箱を温まるライトの下に移動させたところ、5月6日に産卵しました。
5月5日の夕方に掘り始めました。後ろ足で一生懸命掘っております。あまり近づくと掘るのをやめてしまうので、遠くから望遠で・・・。
掘り出して孵卵器で温めます。2/3くらい土に埋めて乾燥を防ぎます。
見づらいですが、手前の卵の中央に白く濁った白帯が出ております。受精卵の証拠です。
今までトウブハコガメは展示をしておりましたので、冬場に温度を下げることができませんでした。四季のある生息地に暮らすカメにとって、これは繁殖のスイッチが入りづらい環境です。ですので今まであまりいい卵を得られたことがなかったのですが、今回は仮設爬虫類館の管理通路で飼育していたため冬場は10数度まで温度が下がり、食欲も廃絶しておりました。冬眠に近い環境の変化を与えられたことがいい卵を得られた理由ではないかと思います。うまくいけば3か月前後で孵化するので、リニューアル爬虫類館で展示ができるようにしっかり管理していきます。