野毛山動物園公式サイト

ドバトによる食害対策の写真

更新日:2019.07.21ドバトによる食害対策

更新日:2019.07.21

ドバトによる食害対策

動物園では動物たちのエサをねらってドバトやカラス、最近ではタイワンリスなどもやってくるので、さまざまな対策をとっています。

大池のように檻で囲まれていない展示場の場合、野生のドバトが水鳥用の固型飼料を目当てに集まってきます。何も対策を取らないとハトに食べられる分を見越して多めに給餌しなくてはなりません。

そこで、今回はドバト対策にこのような器具を作ってみました。

ハト除け外観.jpg

水鳥たちは池の中から中に入ることができますが、ドバトは地上からしか近づけないので入ることができません。

入って食べる.jpg

さっそく、ハクチョウが餌を食べにやってきました。

ハクチョウ入ってくる.jpg

たくさんのドバトが集まってきますが、中に入ることはできません。

中で食べる.jpg

ときどき、中に入って食べている様子を見た来園者の方から「狭いところに入れられてかわいそう」と言われることもありますが、誰にもじゃまされずに食事を楽しんでいる姿なのでご安心ください。    (藤岡)