サイトメニュー ショートカット

外交官の家

文字サイズ

施設概要

外交官の家のご紹介

ニューヨーク総領事やトルコ特命全権大使などを務めた明治政府の外交官内田定槌氏の邸宅として、明治43(1910)年に東京渋谷の南平台に建てられました。 設計者はアメリカ人で立教学校の教師として来日、その後建築家として活躍したJ.M.ガーディナーです。

建物は木造2階建てで塔屋がつき、天然スレート葺きの屋根、下見板張りの外壁で、華やかな装飾が特徴のアメリカン・ヴィクトリアンの影響を色濃く残しています。1階は食堂や大小の客間など重厚な部屋が、2階には寝室や書斎など生活感あふれる部屋が並んでいます。これらの部屋の家具や装飾にはアール・ヌーボー風の意匠とともに、19世紀イギリスで展開された美術工芸の改革運動アーツ・アンド・クラフツのアメリカにおける影響も見られます。

横浜市は、平成9(1997)年に内田定槌氏の孫にあたる宮入氏からこの館の寄贈を受け、山手イタリア山庭園に移築復原し、一般公開しました。そして同年、国の重要文化財に指定されました。室内は家具や調度類が再現され、当時の外交官の暮らしを体験できるようになっています。各展示室には、建物の特徴やガーディナーの作品、外交官の暮らし等についての資料を展示しています。また、付属棟には、喫茶室が設けられています。

gaikoukan_outline.jpg

基本情報

施設概要 明治43(1910)年築
重要文化財(旧内田家住宅)
所在地 横浜市中区山手町16
開館時間 9:30~17:00
※7月と8月は18:00まで
休館日 第4水曜日(休日の場合は翌日)
年末年始(12月29日~1月3日)
※12月1日~12月25日は無休
アクセス 交通案内はこちら
問合せ先 外交官の家
TEL・FAX:045-662-8819
館内の見どころ 館内の見どころはこちら
主な施設・サービス 西洋館ウェディング
喫茶室
バリアフリー
館内にAEDの設置あり
グッズ紹介 グッズ紹介はこちら
その他の施設 山手イタリア山庭園

利用上のルールとお願い

  • 館内は備えつけのスリッパに履き替えて見学してください。床面保護のため、ご協力をよろしくお願いします。
  • 駐車場はありませんので、公共の交通機関または近隣の駐車場をご利用ください。

写真撮影についてお願い

事故防止、重要文化財・歴史的建造物保護のため、また来館者の皆様に気持ちよくご利用いただくため、下記の点にご注意いただきますよう、ご理解とご協力をお願いします。

  1. 他の来館者の迷惑にならないよう、記念撮影程度でのご利用をお願いします。
    (一ヶ所に長時間留まっての撮影はご遠慮ください。また、接写や人を止めての撮影もご遠慮ください。)
  2. 展示品(作品、壁、家具)には触れないようお願いします。また、カメラや荷物等を建物、家具などにぶつけたり、荷物を置いたままにしないようお願いします。
  3. 三脚、レフ板、自撮り棒など、機材を用いての撮影はご遠慮ください。
  4. 館内での写真撮影のご指導や講評はご遠慮ください。
  5. 商業目的や占有使用の写真撮影は、事前に横浜市の許可が必要です。
    (ご不明な点は、スタッフにお問合せください。)