サイトメニュー ショートカット

横浜市イギリス館

文字サイズ

施設概要

横浜市イギリス館

横浜市イギリス館は、昭和12(1937)年に、上海の大英工部総署の設計によって、英国総領事公邸として、現在地に建てられました。鉄筋コンクリート2階建てで、広い敷地と建物規模をもち、東アジアにある領事公邸の中でも、上位に格付けられていました。
主屋の1階の南側には、西からサンポーチ、客間、食堂が並び、広々としたテラスは芝生の庭につながっています。2階には寝室や化粧室が配置され、広い窓からは庭や港の眺望が楽しめます。地下にはワインセラーもあり、東側の付属屋は使用人の住居として使用されていました。玄関脇にはめ込まれた王冠入りの銘版(ジョージⅥ世の時代)や、正面脇の銅板(British Consular Residence)が、旧英国総領事公邸であった由緒を示しています。
昭和44(1969)年に横浜市が取得し、1階のホールはコンサートに、2階の集会室は会議等に利用されています。また、平成14(2002)年からは、2階の展示室と復元された寝室を一般公開しています。

イメージ画像

基本情報

施設概要 昭和12(1937)年築
横浜市指定文化財(旧英国総領事公邸)
所在地 横浜市中区山手町115-3
開館時間 9:30~17:00
※7月と8月は18:00まで
休館日 第4水曜日(休日の場合は翌日)
年末年始(12月29日~1月3日)
※12月1日~12月25日は無休
入館料 無料
アクセス 交通案内はこちら
問合せ先 横浜市イギリス館 TEL・FAX:045-623-7812
館内の見どころ 館内の見どころはこちら
主な施設・サービス

貸しスペース
西洋館ウェディング
バリアフリー
館内にAEDの設置あり

グッズ紹介

グッズ紹介はこちら

利用上のルールとお願い

  • 駐車場はありませんので、公共の交通機関または近隣の駐車場をご利用ください。