ニホンツキノワグマ

ニホンツキノワグマの写真1
ニホンツキノワグマの写真2
ニホンツキノワグマの写真3
ニホンツキノワグマの写真1
ニホンツキノワグマの写真2
ニホンツキノワグマの写真3

ニホンツキノワグマ

学 名
 Ursus thibetanus japonicus
英 名
 Japanese Black Bear
概 要
下北半島以南の日本列島に分布する亜種で、北海道や属島には生息しません。海岸から高山帯までの森林に単独で生活しています。8月下旬から冬に備えてたくさんの食物を摂取し、この間に数十kgも体重が増加すると言われています。寒い地方のものは、樹洞、岩穴、土穴、木の根元などにできた穴を利用して冬ごもりをしますが、雌はこの間に出産、育児を行います。
体 長
 110~130cm
体 重
 40~130kg
分 布
 本州、四国
目 / 科
 食肉目 / クマ科
希少種(レッドリスト)
 絶滅危惧種>絶滅危惧II類(VU)
ワシントン条約
 附属書I

日本の山里の動物

  • クロヅル
  • コウノトリ
  • ツシマヤマネコ
  • ニホンアナグマ
  • ニホンザル
  • ニホンツキノワグマ
  • ホンドギツネ
  • ホンドタヌキ
  • マナヅル
w