野毛山動物園公式サイト

ダチョウの仮暮らし①の写真

更新日:2019.07.25ダチョウの仮暮らし①

更新日:2019.07.25

ダチョウの仮暮らし①

ダチョウのグミ(メス)はダチョウ舎の改修工事をするため、現在展示を休止してシマウマ舎で飼育しています。
(引っ越しの様子はこちら)
今回からシマウマ舎での様子をご紹介していきます。

まずはグミが暮らしている部屋の様子です。
部屋の柵には笹をたくさん吊るしてあります。これはグミが馴れない環境で驚いた拍子にぶつかって怪我をしないように、クッション代わりに吊るしています。ちなみに笹の葉はグミのおやつにもなっています。

20190724-1.jpg
(柵に吊るした笹)

次にキリン展示場側の窓の様子です。プラスチックダンボールを取り付けて窓を塞いでいます。
実は引っ越しした日にキリンを展示場に出した際、キリンのそら(オス)とモミジ(メス)が窓からグミがいる部屋を覗きこんでいました。元々向かい合った展示場で生活していたのでお互いの姿は知っていたと思うのですが、移動の後で警戒していたことと初めて間近でキリンを見たことで驚いたのか、グミは部屋の隅に逃げて落ち着かなくなってしまいました。そのため一部の窓に目隠しを付けて早く部屋で落ち着けるようにしたのです。

20190724-2.jpg
(目隠しをした窓)

20190724-3.jpg
(グミの部屋を覗くそら)

最近はグミもシマウマ舎での暮らしやキリンに馴れてきたのか、目隠しのない窓から外を眺めていることが増えてきました。時々キリンと対面していることもあるくらいです。
タイミングが良ければキリンを見る際に窓から外を眺めるグミも見られるかもしれませんよ!

20190724-4.jpg
(外を眺めるグミ)

飼育展示係 岡﨑