野毛山動物園公式サイト

更新日:2018.11.28

ホウシャガメが産卵しました

少し前から産卵兆候のあったホウシャガメが産卵に至りましたので、ご報告します。

餌の準備に爬虫類館に行くと、ホウシャガメが産卵場に上がっていました。よく見ると後ろ足で土を掘っています。

DSCF0429.jpg

下手に刺激をして産卵をやめてしまったら、個体の負担になるので、お腹は空いているでしょうがそのままにします。

午後見に行くと、ホウシャガメの飼育場がすごいことになっています。お腹を空かせた個体がなにかしたようですが、それでもめげずに産卵行動を取っています。

DSCF0432.jpg

とりあえず、スロープを戻して産卵を待つこと数時間・・・

再び飼育場を覗くといつものお気に入りの位置に移動しています。

DSCF0434.jpg

そして、穴を掘っていたところをみると、しっかりならされています。

DSCF0435.jpg

ということで発掘に取り掛かります。

DSCF0437.jpg

少し掘ってみると卵が幾つか見えてきました。今回は何個産んだのでしょうか?

DSCF0439.jpg

発掘終了です。全部で5個産んでいました。

これで、孵卵器の中には二個体が産卵した24個の卵を暖めることになります。

このままのペースで産卵すると孵卵器の数が足らなくなる恐れがあるので、明日から孵卵器の製作に取り掛かる所存です。

ひとまず、産卵した個体には餌をたくさん食べてもらい栄養補給してもらおうかと思います。

飼育展示係 大滝