野毛山動物園公式サイト

肉さえあれば・・・の写真

更新日:2018.10.19肉さえあれば・・・

更新日:2018.10.19

肉さえあれば・・・

インドライオンのラージャーは
3か月に1回、採血を行っています。
何でか?というと・・・
ネコ混合ワクチンの効果が持続しているかを
調べるためです。

1.jpg

ラージャーが所定の位置で伏せたら
大好きな肉をあげます。
と同時に手製フックを使用し
尻尾を手前に引き寄せ、隙間から通路へ出します。

2.jpg

その間ラージャーへはコンスタントに肉を与えます。

3.jpg

肉を食べているラージャーは
尻尾を引っ張られてもへっちゃら。

4.jpg

アルコールで消毒し

5.jpg

針を刺したら...

6.jpg

こんなに血が採れました。

7.jpg

後は止血をして終了です。
この間も肉の供給は怠れません。
でも肉さえ食べていれば幸せなラージャー。
ほんとに良い子です。

結果は...
抗体がありまだワクチンの効き目があるようです。
他の血液性状も異常なし、でした。

さて、この記事を書いている時、
残念なニュースが飛び込んできました。
それは「インドでライオン大量死=希少種、ウイルス原因か」
というものです。
野生のインドライオンは、ガイドの時毎回お話しているように
インド西部のギル森林国立公園にのみ生息しており、
今年の3月には、600頭以上になり絶滅から少し遠のいた、との
うれしいニュースがあったばかりなのですが...
今回のニュースは、今月初めに3週間という短期間に23頭が死に
そのうち5頭がジステンパーウィルスに感染というものです。
何とか蔓延せず収束することを祈るばかりです。

ラージャーの定期的な採血は、健康診断も兼ねて
これからも継続していく予定です。

(やせヒゲ眼鏡 田島)