オカピ


オカピ

学 名
 Okapia johnstoni
英 名
 Okapi
概 要
1901年にイギリスの探検家ハリー・ジョンストン卿によって発見されました。外見からシマウマの混雑種に間違われることが多いですが、キリン科に属する原種の動物です。熱帯雨林で生息しており、長い舌で木の葉をたぐり寄せて食べます。雌のほうが雄よりもやや体が大きく、雄には皮膚で覆われた2本の短い角があります。本種は、1999年に当園が日本で初めて公開しました。
体 長
 2m
体 重
 オス250kg、メス330kg
分 布
 コンゴ民主共和国東部
目 / 科
 鯨偶蹄目 / キリン科
希少種(レッドリスト)
 絶滅危惧種>絶滅危惧IB類(EN)
ワシントン条約
 

アフリカの熱帯雨林

  • アカカワイノシシ
  • アフリカタテガミヤマアラシ
  • オカピ
  • チンパンジー
  • ニシムラサキエボシドリ
  • ベルセオレガメ
  • ボールニシキヘビ