野毛山動物園公式サイト

梅雨入りの小獣舎 ~その1~の写真

更新日:2014.06.10梅雨入りの小獣舎 ~その1~

更新日:2014.06.10

梅雨入りの小獣舎 ~その1~


関東も梅雨入りしましたね!




上の写真は
梅雨入り前の、夏のような天候の下で
眠いやら暑いやら、脚まで放り出して伸びている
ホンドタヌキのメス、『ホト』です。


同様に気怠そうにしている動物たちを見かねて
小獣舎の日除けを張ったばかりなのですが…







雨、 、 雨!



このような日は、寝室との通路を開けて雨宿りできるようにしています。




雨の日の小獣舎の仲間たち。

しかし、ずっとこの場所にいるわけではありません。
夜行性の彼らが、昼間でも雨天でも活発になる
エサの時間の一コマをご紹介します。



まずはハクビシン




こちらは先程ご紹介した寝室への通路から撮影したものです。

ハクビシンの出勤風景ですね。
毎朝、ここを通って展示場に出ていきます。

失礼して、僕は濡れないこの場所から
動物たちの様子をお伝えします。


ハクビシンは3頭飼育しています。
全頭がエサを食べられるように、展示場の至る所にエサを置いています。




こちらは担当者が藁で編んだハンモック
未だに誰も使ってくれませんが。


エサを隠してあるんじゃないか?
と、ダイチビが綱を手繰り寄せて探しています。

今日はそこには無いんです♪


今度は天井から吊るした枝を探していきます。
見事にエサを見つけました◎


ダイが壁に置いたオレンジに気が付きました。



あっ!!!




悲しきかな、オレンジは落ちていき、
下にいたチビの腹の中へ。



エサも食べつくしたようで、
雨宿りに戻ってきたチュウと目が合ってしまいました。




何奴っ!!

とでも言いたいのでしょうか。
僕ですよ、僕。


早く入りたいのか、はたまた担当者の顔を覚えていないのか
チュウはヘソを曲げて怒り出します。




天井からぶら下がって怒っています。正しく、上から目線
まるでサーカスのようです。

チビと天井で密談を交わしているようです。



堪忍袋の緒が切れないうちに、タヌキの展示場へと向かいました。


その2に続きます♪


飼育展示係 植竹雅行