野毛山動物園公式サイト

神々しいの写真

更新日:2020.03.31神々しい

更新日:2020.03.31

神々しい

現在、野毛山動物園は臨時休園中ではありますが、動物たちの日常は続いています。

季節の変化に敏感な鳥類たちは春を迎え、恋の季節に入りました。

今年は暖冬だったということもあり、いつもより早く、先日インドクジャクが産卵しました。

とある日の獣舎清掃時、白クジャクの雄がカサカサっという音とともに上尾(じょうび)(とう)を広げ出しました。

IMG_3199.jpg

色クジャクとは違う綺麗さがありますね。

羽をよく見ると

IMG_3206.jpg

真っ白な羽が重なり合い、織物のようなつくりになっています。

色クジャクが『煌びやか』なら

IMG_9355.jpg

白クジャクは『清らか』でしょうか?

どちらも自然が生み出した美しさです。

IMG_3200.jpg

野毛山動物園で唯一の雄の白クジャクである『アズキ』。

IMG_3202.jpg

なかなかのイケメン(・・・・)クジャクでありながら紳士的な行動をとるアズキは、ペアの『アンズ』だけでなく、キジ舎の隣の小間に暮らす色クジャクの雌の『サクラ』や『フタバ』からも人気なんですよ!

IMG_3207.jpg

インドクジャクの繁殖期は7月まで続きます。

この姿をみなさまにも、一日も早くご覧いただきたいと切に願ってはおりますが、平穏な毎日が訪れるまで、もうしばらくお待ちください。

昨今、心が落ち着かないことばかりですが、野毛山動物園の動物たちは変わらず、季節を感じながら、日々を穏やかに暮らしていますので、ご安心ください。

※文章内にある『色クジャク』と『白クジャク』は正式な表記ではありませんが、区別しやすいように使用しておりますので、ご了承ください。

飼育展示係 大谷