野毛山動物園公式サイト

シロトキのニューフェイスの写真

更新日:2019.11.21シロトキのニューフェイス

更新日:2019.11.21

シロトキのニューフェイス

バードケージには、5種類のトキの仲間が飼育されていますが、そのうちの1種がシロトキです。

20191101シロトキ①IMG_3589.jpg

翼の先の黒色以外、名前のとおり白い羽毛に覆われています。

そばに写っているのは、ショウジョウトキです。色は、鮮やかな朱赤色ですが、シルエットはとてもシロトキに似ていますよね。それもそのはず、とても近い種類と言われ一部には同種とする考えもあるそうです。

現在シロトキは雌雄1羽ずつ飼育していますが、新たに若い雌が1羽仲間入りすることになりました。

20191101シロトキ②IMG_6138.jpg

鳥の輸送には、段ボール箱が使われることが多いので、こんな風に梱包されて野毛山動物園に搬入されてきました。

20191101シロトキ③IMG_6142.jpg

さて、どんなシロトキがやってきたのでしょうか?

ワクワク、ドキドキしながら箱の中から取り出すと・・・

20191101シロトキ④IMG_6151.jpg

あれ、白くない!

どこかで頭にススでも付けてきてしまったのでしょうか?

いえいえ、実はシロトキの雛は灰色の羽毛に覆われていて白くないのです。

このシロトキは去年の7月に孵化した幼鳥なので、まだ頭から首にかけて雛の時の色が残っているのです。

20191101シロトキ⑤IMG_6205.jpg

このトキは、卵の時から飼育員が孵卵器に入れて温め、孵化した後も飼育員から餌をもらって巣立ちをした個体です。そのためか、新しい環境にさほど怯えることなく、掃除に入ってもバタつかず落ち着いていました。餌も早々に食べてくれたので、しっかり糞も回収でき、感染症などの検査も順調に進みました。検査結果に問題がなければ、バードケージの仲間たちと合流になります。

シロトキのニューフェイスが見られるのは、きっともうすぐです。灰色の頭をしたシロトキに会える日を楽しみにしていてください。

(飼育展示係 尾崎)