野毛山動物園公式サイト

コンドルの産卵の写真

更新日:2018.04.02コンドルの産卵

更新日:2018.04.02

コンドルの産卵

桜吹雪の今日この頃、春本番ですね。

例年、コンドルのメス、ヘンリエッタは4月中旬に産卵します。

産卵し始めてから数年経つのですが、毎年無精卵(温めても孵らない卵)でした。

今年は例年より早く3月28日の朝に産卵しました。

そのまま抱かせていると、オスのジュンが巣から卵を落として割ってしまったことがあったので、産卵したら取り上げるようにしています。

今年はあっさり巣を後にして卵を置き去りにしたヘンリエッタでした。

これが孵卵器です。

この機械の中で孵化するまでの間、卵を温めます。

育雛舎というバックヤードに孵卵器が何台か並んでいます。鳥が産卵するこの季節は稼働率が上がります。

CIMG9817.jpg

中を開けてみると

CIMG9818.jpg

コンドルの孵卵温度、湿度に設定されています。

有精卵か無精卵かはあと数日経ってから判明します。交尾を確認していないので期待は薄いです・・・

(飼育展示係 橋本)