サイトメニュー ショートカット
文字サイズ
アナグマの落ち葉ベッドの写真

更新日:2017.12.11アナグマの落ち葉ベッド


更新日:2017.12.11

アナグマの落ち葉ベッド

今年は寒くなるのが例年より、少し早いようですね。

朝晩の冷え込みが堪えるようになってきました。

小獣舎のアナグマたちも、冬越しのためにしっかり脂肪を備え

ころころふわふわの体型になっています。

野生のアナグマは、冬の間巣ごもりと言って

自分で掘った巣穴の中で、ほとんど食べず眠って過ごすため、

春までの脂肪が必要なのです。

そこで、アナグマのデコポンにも、落ち葉のベッドをプレゼント。

1208①.jpg

餌をさっさと食べ終わると、

ゴソゴソと落ち葉をかき分ける音がしているなっと思ったら、

後はし~ん...

もうぐっすりです。

1208②.jpg

いつもなら、こんなふうに

「もっと、餌のおかわりください」とばかりに、

格子からかわいい鼻先を突き出して、私が片付けを始めるまで諦めないのに。

 1208③.jpg               

ぐっすり眠っていたので写真を撮っていたら、気づかれてしまいました!

「気持ち良く寝ていたのになんだよ」と言わんばかり。

1208④.jpg

そして「もっと、餌くれるのかい?」と、起きてしまいました。

1208⑤.jpg

あらら、寝ぼけ顔の頭の上にチョコンと葉っぱが一枚乗っていますよ。

これから、本格的な寒さがやってきます。

小獣舎の仲間たちも、そしてみなさまも、

体調を崩さず、良い年が迎えられますように。

飼育展示係 尾崎