野毛山動物園公式サイト

ホンシュウジカのメイが永眠しました。の写真

更新日:2020.06.01ホンシュウジカのメイが永眠しました。

更新日:2020.06.01

ホンシュウジカのメイが永眠しました。

皆さん、こんにちは。
新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が解除されて、野毛山動物園も6/11に再開することが
決まりました。ですが、皆さんに悲しいお知らせをしなければなりません。
ずっと1頭で頑張ってくれていたホンシュウジカのメイが3/28に永眠したのです。
皆さんにお伝えするのが遅くなってしまい、本当に申し訳ありません。

IMG_7010.jpg
生前、最後に撮影できた元気な姿のメイです。メイは22歳の"頑固なおばあちゃん"でした。
スタッフとも常に一定の距離を保っていました。

P1083350.jpg
大展示場の一番奥まった高い場所に座って休むのが大好きでした。

IMG_5019.jpg
加齢によって足腰が弱ってからはサブ展示場のみで展示していましたが、その頃から、
スタッフに自ら近寄って来てくれるようになったのがとても印象に残っています。
エサの時間になると、スタッフに催促するように鳴きながら近寄って来ました。

P1023727.jpg
22年間、野毛山動物園を支えてくれたメイ。本当にありがとう。天国でゆっくり休んでください。

メイが永眠したことにより、野毛山動物園で展示できるホンシュウジカはいなくなってしまいましたが、
バックヤードでは、メイよりも年上のミキというホンシュウジカが暮らしています。
立つことはできませんが、とても元気です。
これからミキの様子も時々お伝えしていきたいと思います。

(飼育展示係 山口)