金沢動物園公式サイト

大人の階段上るの写真

更新日:2019.10.27大人の階段上る

更新日:2019.10.27

大人の階段上る

皆さん、4月に生まれたアラビアオリックスのナキを覚えていますでしょうか?

生まれた当初は体重5㎏で、私の腕にすっぽりと収まるサイズでした。そして生後5か月が経ち、成長した今のナキの姿がこちらです!

大人の階段上る①.jpg

でかいっ...!もう抱き上げるのは難しい程に大きくなりました。ちなみにこの写真は体重測定をした時のものです。後ろに写っている母親のリズよりもまだ警戒心が薄いのか、すぐに体重計に乗ってくれました。この時の体重は28㎏でした。すくすく成長しています。

 大きさのほかにもう一つ注目していただきたいのが体の色です。この写真のナキは後ろの成獣の白黒の体色にかなり近いですが、生まれた当日の体色はこちら。

大人の階段上る②.jpg

全体的に薄茶色ですよね。実はこの薄茶色にも、成獣の白黒にも、すごい秘密が隠されているのです。

アラビアオリックスの生息地は、アラビア半島などに広がる砂漠地帯です。一面砂の中では、白黒模様は目立ちます。走るのが速い成獣のオリックスならば、猛禽類などの敵に見つかっても逃げ切れるかもしれませんが、成長しきっていない子供は捕まってしまうでしょう。

そこで役立つのがこの薄茶色です。子供はよく、ぺたーんと地面に伏せるような姿勢をとります。

大人の階段上る③.jpg

この姿勢の子供がもし砂漠にいても、砂と同じ色なので見つけることは難しいですよね。このように身を隠して、子供は自分の身を守ります。

そして成長して白黒の体になると、さらに砂漠での生活を送りやすくなります。

大人の階段上る④.jpg

体の大部分を占める白色は、日中に照り付ける太陽の光を反射してくれます。そのため50℃を超える砂漠の昼間でも過ごすことができます。

 逆に顔の一部分や四肢などの黒い部分は日中に熱を蓄えています。そのため、気温が氷点下になることもある砂漠の夜でも無事に暮らせるのです。

 他にも砂漠で生活するのに便利な体の特徴がたくさんあるので、「砂漠のスペシャリスト」とも呼ばれています。

大人の階段上る⑤.jpg

こんなにも成獣の色に近くなったナキですが、まだたまに母親のおっぱいを飲んでいるんです!意外ですよね。

立派な成獣になるまでもう少し。引き続きナキの成長を温かく見守って頂ければと思います。

(飼育展示係 橋迫)