金沢動物園公式サイト

グルコサミンなお年頃の写真

更新日:2020.09.18グルコサミンなお年頃

更新日:2020.09.18

グルコサミンなお年頃

ヨッチャンは今年10歳になりました。オオツノヒツジのオスの中では、一番年上です。

人間の年齢だと、40~50歳で、「中年」ぐらいといったところでしょうか?

凛々しいヨッチャン.jpg

(岩場に凛々しく立つヨッチャン)

最近、立ち上がってすぐに歩き始めると、後肢の動きが少し不自然な時があります。

獣医さんに診てもらったところ、股関節の骨がすり減ってきているかも?ということでした。
動物も人間も、中年になると、体に不都合が出てきます。とても、よくわかります。

そこで、症状の緩和を期待して、グルコサミンを与えることにしました。

グルコサミン錠剤.jpg

ちゃんと動物用のグルコサミンがあるのです。

グルコサミンの錠剤の粒が大きく、嫌がって残すので、すりつぶして混ぜています。

薬入っているエサ.jpg

「何か入ってる?」と、ちょっと警戒していますが、食べています。

エサ食べる.jpg

(大好きなエサと一緒に全部食べています。エライ!)

すぐに、改善というわけにはいかないようですが、少しでも、症状が緩和してくれることを願いつつ、これからも続けていきます。

ヨッチャンの症状が緩和されるようなら、私も、グルコサミン飲もうかな?

さとう