金沢動物園公式サイト

夏に咲く花の色の写真

更新日:2018.07.24夏に咲く花の色

更新日:2018.07.24

夏に咲く花の色

梅雨も早々に開けはや半月が過ぎ、夏真っ盛りになってしまいました。

8月になる前から夏負けしそうなほど厳しい夏となっていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

園内を見て回ると意外にピンクの花が咲いています。

「こどもひろば」の縁に白いムクゲと共にピンクのムクゲが咲いています。

ムクゲはアオイ科フヨウ属の植物で、8月~9月にかけて花を咲かせます。

写真①.jpg

そのそばに咲いているのは「サルスベリ」です。

こちらの方は赤、白、ピンクと花を咲かせています。

サルスベリはミソハギ科のサルスベリ属の植物で、7月~10月にかけて花を咲かせます。

写真②.jpg

さらに坂を下っていくと「コマツナギ」が愛らしい花をつけています。

マメ科コマツナギ属の植物で「駒繋」とも書き、駒=ウマをつなぐほど強い木であるらしいです。

写真③.jpg

さらに下に下った北谷口近くの池には「ハス」があります。豪華な花を咲かせています。

スイレン科の植物である「ハス」は地下茎をレンコンとして食用になります。

「ハス」の花は朝開いて一定時間たつと閉じてしまいこれを3日間繰り返し4日目には散ってしまうそうです。

朝9時ごろ見に行きましたら、もうすでに閉じていますね。

写真④.jpg

少し離れた奥にまだ開いているものは4日目の花で、散ってしまうものなのでしょうか?

写真⑤.jpg

「ハス」のそばにこんな愛らしい花も咲いています。

「ミゾハギ」ですミソハギ科の多年草で「禊萩」と書かれることもあり、盆花として仏前供える事もあります。

写真⑥.jpg

暑いなかを植物はそれぞれ花を華やかに咲かせています。

私たち人間より適応能力が高いのでしょうか?

気温が35℃を超えるような日中を避け、朝夕の気温のあまり高くない時間のお散歩にお越しください。

ののはな子