金沢動物園公式サイト

新生活の始まりの写真

更新日:2018.05.08新生活の始まり

更新日:2018.05.08

新生活の始まり

新年度が始まり、新しい環境で頑張っている人も多いことでしょう。

この春、オオツノヒツジの中にも、新生活をスタートさせた個体がいます。

昨年秋、残念ながら、プロングホーンの国内最後の1頭が老衰で死亡し、

それ以来、その展示場は空きスペースとなっていました。

ko20180508-1.jpg

プロングホーンがいた頃はこんな感じで、

奥の岩山にオオツノヒツジ、手前の草原にプロングホーンが展示されていました。

この草原に、オオツノヒツジのメス4頭を引越しさせることにしました。

オオツノヒツジは順調に頭数を増やしており、

現在12頭、国内最多の個体群となっています。

オオツノヒツジ舎が手狭になり、移動先を探していました。

移動したのは、おばあちゃんヒツジのエコとチャグ、

去年帝王切開をしたザビコとその時生まれたノゾミの4頭です。

オオツノヒツジにとっては初めての展示場なので、

堀に落ちたりしないか、心配事は絶えません。

そのため、一番おとなしくのんびり屋のチャグを先に1頭だけ展示場に出し、

展示場の様子をテストすることにしました。

ko20180508-2.jpg

これまで岩山で暮らしてきて、初めての草原です。

普段おとなしいチャグが、楽しそうに草原を跳ねまわり、

事故も起こさずに無事に2週間過ごしてくれました。

そこで、まもなく1才、やんちゃ盛りのノゾミを含む、

第2陣も引っ越しをすることになりました。

ko20180508-3.jpg

ko20180508-4.jpg

みんなあっという間に新しい展示場に慣れ、下草を食べたり、

追いかけっこをしたり、のびのびと過ごしているようです。

ノゾミは、初めて触れる草を食べ物と認識できないようで、

飼育員2人掛りでお勉強タイムです。

この草は食べられるよ、と教えています。

ko20180508-5.jpg

緑の中のオオツノヒツジ、結構良いです。

(半澤 紗由里)