金沢動物園公式サイト

エノキの樹は虫たちの宝庫の写真

更新日:2018.04.28エノキの樹は虫たちの宝庫

更新日:2018.04.28

エノキの樹は虫たちの宝庫

虫たちが多すぎて・・・、生きもの館での出来事が多すぎて・・・、ブログのアップが追い付かない今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

ブロブちっちゃな0427②.jpg
生きものガーデンの池にはヒメスイレンが植わっているのですが、ギンヤンマが産卵に来ていました。今池はヤマアカガエルのオタマジャクシやメダカがたくさんいるので、ヤゴもたくさん生きていけるでしょう。




ブロブちっちゃな0427①.jpeg
スーチョワンバーラル担当の職員が面白い写真を撮ってきてくれました。スズメバチ??と見間違いますが、ナシアシブトハバチでした。アシナガバチやスズメバチに姿を似せて身を守っている昆虫は結構多く、カミキリムシの仲間にもそっくりのやつがいます。

さて、前置きが長くなりましたが先日ご紹介したナナフシモドキたちがエノキの葉を食べるので、せっせと園内でエノキの葉を採っています。すると様々な虫たちがまた見つかるわけです。



ブロブちっちゃな0427③.jpg
若い枝から木の汁を吸うオオツノカメムシがいました。肩(?)の赤いとげがアクセントです。





ブロブちっちゃな0427④.jpg
昨年このブログでご紹介した外来種のアカボシゴマダラもいました。幼虫で冬眠し、冬眠明けはすさまじい食欲でエノキの葉を食べつくています。



ブロブちっちゃな0427⑤.jpg
こちらも昨年ご紹介したオトシブミのゆりかご。きっとこの中で幼虫が育っていることでしょう。今年はそういえばまだ成虫を見ていないですね。

(飼育展示係 桐生)