金沢動物園公式サイト

雪の日の動物園 ~ニホンカモシカ~の写真

更新日:2018.02.02雪の日の動物園 ~ニホンカモシカ~

更新日:2018.02.02

雪の日の動物園 ~ニホンカモシカ~

大雪が降った1月22日。

「雪の日の動物園 ~インドゾウ~」の続きです。

ニホンカモシカの展示場の様子を紹介します。

この日外に出ていたのは、「カイ」。

どこにいるか...分かりますか?

ko20180130-5.jpg

ちょっと分かりづらいでしょうか・・・。

実は、山のてっぺんで休んでいました。

雪景色とカモシカは本当によく似合います。

金沢動物園では4頭のカモシカを飼育しているので、バックヤードで

あと3頭がどう過ごしているのか気になり見に行くと...

サブパドックからヒョコッと顔が。

ko20180130-6.jpg

「ツバキ」です。

昨年、東京都立大島公園から引越しをしてきた個体です。

ずいぶん、体に雪が積もっている様子からすると、

しばらくは外で遊んでいたのかな?と思います。

ko20180130-8.jpg

バックヤードでは常にサブパドック(屋外)と寝室(室内)を開けているため、

カモシカ自身が好きなところを選んで過ごせるようにしています。

ko20180130-9.jpg

(▲なかなかのキメ顔?)

他の2頭(「クミ」、「ミミ」)は、雪には当たりたくない!という感じで

室内でのんびりくつろいでいました。

こんなところにもそれぞれの個性が出ていますね。

ko20180130-10.jpg

ko20180130-11.jpg

「ツバキ」はこんな雪へっちゃらよ!という感じで、外の展示場を眺めていました。

夕方になる頃、展示場に出ているカイを部屋に誘導します。

ko20180130-12.jpg

ko20180130-13.jpg

ko20180130-14.jpg

おかえりなさい。

以前は雨が強く降ったり、急に悪天候になると、

「早く部屋に入れてくれ~」という感じでよく鳴き、

落ち着きがなくなり、扉の前でウロウロしていた「カイ」が

ko20180130-15.jpg

この雪の中で堂々と、のんびり過ごしていて

知らぬ間に成長するんだなぁとしみじみ思った担当者でした。

(飼育展示係 松野)