金沢動物園公式サイト

ヒガンバナの写真

更新日:2017.09.19ヒガンバナ

更新日:2017.09.19

ヒガンバナ

少しずつ涼しくなってきて秋の訪れを感じますね。

今年の夏はあまり夏らしくなかったように感じます。

さて、今回はののはな館周辺に咲いているヒガンバナ(彼岸花)を紹介したいと思います。

名前の由来としては、秋の彼岸のころに花が咲くことから、名づけられたようです。

中国から伝わった1株の球根から日本各地に広まったと考えられています。

30cm~50cm程の長さになり、一日に数センチも伸びるので、突然花が咲くことがあり驚かされることがあります。

又、花が咲いている時はまだ葉は出ず、葉が伸びる頃には、花が枯れているため、花と葉は一緒に見ることができません。

繁殖力が強い事としても知られていて、(りん)(けい)(地下茎に栄養分をためた葉が密生したもので、

厚い鱗状(りんじょう)鱗片(りんぺん)が玉ねぎのように重なって作られたもの)で増える性質があります。

20170914-1.jpg

白いヒガンバナも咲いていました!

20170914-2.jpg

これから過ごしやすい日が多くなってくると思いますので、ぜひ金沢自然公園へ散歩に来られてはいかがでしょうか?

(Taz)