金沢動物園公式サイト

いざ、出陣!の写真

更新日:2017.06.15いざ、出陣!

更新日:2017.06.15

いざ、出陣!

ザビコの帝王切開の傷も落ち着いてきた5月27日、担当者が待ちに待った日が訪れました。

ノゾミの展示場デビューです。

これまでザビコの療養のために過ごしていたバックヤードでは、狭い中でも元気に飛び跳ねていたノゾミなので、広い展示場はさぞ楽しかろうと思っていましたが...。

初めての場所が怖いのか、恐る恐る、といった感じ。

確かにマンサクも、去年のコハルもそうでした。

そういえば、今ではギャングのような振舞いのジュタロウでさえ...。

加えて、ノゾミはまだまだ飼育員のことを親と思っています。

「ザビコ→ノゾミ=かわいい我が子」「ノゾミ→ザビコ=おっぱいが出るもの」。

現状2頭はこんな関係です。

担当者のそばで座り込み、ザビコとは微妙な距離感です。

心配そうにのぞき込むザビコが健気です。

ko20170615-1-1.jpg

ザビコは、ノゾミがちょっと離れると心配して駆け寄ってきますが、ノゾミはそれが怖くて担当者の元に大慌てで逃げてきます。

ko20170615-2-1.jpg

担当者は、ノゾミが落ち着いた頃を見計らい、そぉっとその場を離れようとしましたが、見つかってしまいました。

ノゾミが「メーメー」鳴きながら必死に追いかけてきたので、初日の展示場練習は2時間ほどで終了しました。

そんなこんなで不安な二日目。

しばらくすると場所に慣れたようで、ピョンコピョンコ楽しそうに跳ね始め、担当者からちょっと離れました。

その隙に、展示場からの脱出に成功。

担当者がいないことに気付いたノゾミは、鳴いて担当者を探していますが、走り回ったり、何かにぶつかったりといった危ない行動はしないようなので、そこは心を鬼にして放置しました。

しばらくして覗くと、なぜか、ザビコではなくエビゾウのそばにちょこんと座っています。

ko20170615-3.jpg

なぜ?そういえば去年の子供たちも、なぜかエビゾウに懐いていたことを思い出しました。

穏やかな性格が子供に好かれるのでしょうか。

とにかく、展示場で落ち着いてくれたことに一安心しました。

気になるザビコとの関係は、というと。

様子を見に行くたびに距離が縮まり、今ではすっかり親子らしくなり、ぴったりと寄り添っています。

やっと自分のママが分かったかな?

ko20170615-4-1.jpg

お天気のいい日は、本当の親子になった2頭の姿を展示場でご覧いただけます。

(半澤 紗由里)