金沢動物園公式サイト

ぞくぞくカエルになってますの写真

更新日:2017.05.31ぞくぞくカエルになってます

更新日:2017.05.31

ぞくぞくカエルになってます

1.jpg

ただいま、金沢動物園の水辺では、たくさんのオタマジャクシが見られます。

最近は、足が生えてきているものも多くみられるようになりました。

2.jpg

と思ったら、あ!小さいカエル発見!もうカエルになっているものもいました。

「ヤマアカガエル」という種類のカエルです。

3.jpg

成長すると、こんな感じになります。

森の中に棲んでいることが多く、普段はあまり目にすることはありません。

4.jpg

しかし、産卵のときは、水辺に集まってきます。

ヤマアカガエルは、小さなゼリー状の卵がたくさん集まり、ボール状に固まったもの(卵隗とよびます)を、早春のまだ寒い時期に産みます。

今年は春が遅かったせいからか、産卵のピークが分かりにくく、産卵数の減少を心配しましたが、結果的にはまずまずの数の産卵が見られてほっとしました。

ヤマアカガエルにとって、金沢動物園周辺の水場は、円海山周辺(金沢動物園周辺の緑地帯)の中でも重要な繁殖場所だということが分かっています。

動物園でオタマジャクシやカエルを見つけたら、温かく見守ってあげてくださいね。 (ほりぐちゆ)