金沢動物園公式サイト

ショウツノヒツジ?の写真

更新日:2016.12.08ショウツノヒツジ?

更新日:2016.12.08

ショウツノヒツジ?

オオツノヒツジは、名前の通り大きな角が特徴です。

ただし、それはオトナのオスだけ。

同じ年齢のオスとメスを比べてみてください。

ko20161220-1.jpg

↑オトナのオス

ko20161220-2.jpg

↑オトナのメス

では、オスの子は生まれた時から大きな角が生えているのか、というと、もちろんそんなことはありません。

あんな角があったら、出産の時、お母さんがどれだけ大変なことでしょう...。

今回は、今年生まれた子どもたちの角の成長具合をご紹介しましょう。

ko20161220-3.jpg

まずは、5/18生まれ、生後6ヶ月のオス、ジュタロウから。

角は10cm程度でまだまっすぐです。

オスは1才で、体格も角の大きさもオトナのメスと同じくらいになるので、生後半年のジュタロウは、あと半年で上の写真のメスと同じくらいまで、ぐんぐんと成長します。

ちなみに上のオトナのメスはジュタロウの母親、ザビコです。

7/26生まれのメス、コハルは生後4ヶ月です。

小さな角が見えますか?

ko20161220-4.jpg

↑コハル

10月上旬、今のコハルと同じ、4か月齢の頃のジュタロウと比べてみてください。

ジュタロウの方がだいぶ大きいようです。

ko20161220-5.jpg

↑生後4か月の頃のジュタロウ

性別の違いでしょうか、

それとも、生まれた時から大きかったジュタロウだからなのでしょうか?

最後に、一番小さい、8/13生まれ(生後3ヶ月)のメスのラヴィはどうでしょう?

ko20161220-6.jpg

↑ラヴィ

角、見つけられましたか?ラヴィは本当に成長が遅いようです。

角はまだ見えません。

コハルと半月しか違わないのですが、頭をグリグリ触るとようやくポコッと膨らみがわかる程度です。

1か月齢の頃のジュタロウと同じくらいです。

角の成長のピークは、メスで2~3才、オスで4~5才です。

これからどんどん大きくなる3頭の子供たちの角の成長を楽しみにしてください。

(半沢)