金沢動物園公式サイト

暑中お見舞い申し上げますの写真

更新日:2020.07.12暑中お見舞い申し上げます

更新日:2020.07.12

暑中お見舞い申し上げます

梅雨の合間にも蒸し暑さを感じる季節になり暦の上では小暑となります。

動物園内しいのき山下段付近では、まだ「ヤマユリ」が連日30輪ぐらい花を咲かせています。

ha20200708-①.jpg

植物区なんだろ坂で「ヤマユリ」の苗を植え付けたところで「蕾」を確認しました。写真②.jpg

やはりなんだろ坂で「シャシャンボ」(子子(シャシャ)(ボウ))が花をつけていました。「シャシャンボ」の名の由来は

9月~10月にかけて紫黒色の小さな実を多数つけますがその実の様子が小さい坊や、すなわち「子子(シャシャ)(ボウ)」と呼んだものが転訛し「シャシャンボ」になったと言われています。

写真③.jpg

「タイサンボク」も大きなつぼみをつけています。

写真④.jpg

バーベキュー広場では「シモツケ」がきれいでした。名前の由来は下野(栃木)産のものが古くから栽培されていたことのよるそうですが上品な色合いの花が素敵です。

写真⑤.jpg

「シマサルスベリ」もまだ咲いています。

写真⑥.jpg

ののはな館の鉢植えですが「ツノゴマ」が咲きました。この可愛らしい花から想像できない実がなります。

何か動物の角か牙の様です。

写真⑦.jpg

写真⑧.jpg

湿度が高くジメジメした陽気ですが、金沢自然公園をお散歩してさわやかな気持ちになってください。

お待ちしています。

 ののはな子