サイトメニュー ショートカット

山手イタリア山庭園

文字サイズ

施設概要

山手イタリア山庭園のご紹介

明治13(1880)年から明治19(1886)年まで、イタリア領事館がおかれたことから「イタリア山」と呼ばれています。イタリアで多く見られる庭園様式を模し、水や花壇を幾何学的に配したデザインの公園で、整形花壇では四季折々の花、植栽を見ることができます。また、テラスからは横浜ベイブリッジやみなとみらい21を一望することができ、写真や絵画のモチーフとして人々に親しまれています。
フランス瓦の屋根の「ブラフ18番館」は平成5(1993)年に、とんがり屋根の「外交官の家」は平成9(1997)年に、移築復元されました。

514_082.jpg

基本情報

広さ

13,286㎡

所在地

横浜市中区山手町16

アクセス

交通案内はこちら

問合せ先

外交官の家
TEL・FAX:045-662-6819

主な施設

外交官の家
ブラフ18番館

おすすめスポット

整形花壇
メタセコイヤの並木道

バリアフリー情報

車いす対応トイレ
ベビーシート -
ベビーチェア -
オストメイト -
障がい者用駐車場
筆談ボード -
貸出用車いす -
貸出用ベビーカー -

自動販売機

なし(外交官の家に喫茶室があります)

利用上のルールとお願い

  • ごみ箱はありません。ごみの持ち帰りにご協力ください。
  • 犬の散歩は必ずリードなどをつけましょう。フンは飼い主が持ち帰りましょう。
  • ロケット花火などの危険な花火はやめましょう。
  • お互いにルールとマナーを守り、気持ち良く利用しましょう。

※AEDは、外交官の家・ブラフ18番館にあります。