公益財団法人 横浜市緑の協会公式サイト

お客様の声の公表

園内の放送の文言について

受付日
2020/11/18
回答日
2020/11/20
施設名
岸根公園
内 容

コロナウィルスの感染拡大に伴い、マスクをしないで来園する人が多く見られ、利用を中止してきましたが、先日、久しぶりに訪れました。
感染拡大防止を園内放送で呼びかけていましたが、その放送の最後に、人と2m以上離れているときはマスクを積極的に外す様にとありました。
積極的にマスクをして、感染させない、感染されないように気をつけるよう啓発すべきではないですか。
外気温が下がって来て、第3波と言われているこの時期に、マスクを積極的に外すような内容のアナウンスはおかしいです。
アナウンスの内容を変えるべきではないですか。
我が家では出かける時は皆マスクをして、しない人とすれ違うのも極力避けて散歩をしています。

対 応
岸根公園へご意見をいただき、ありがとうございます。
ご意見をいただきました放送文についてですが、ご指摘のとおり誤解を招く表現となっていたことをお詫び申し上げます。
早速、11月19日から、マスク着用をお願いする放送文に改めました。
今後も利用者の皆様にわかりやすい、丁寧なご案内に努めてまいります。

案内に売店が欲しい

受付日
2020/11/16
回答日
2020/11/27
施設名
岸根公園
内 容

三ツ沢公園のように、ちょっした売店が公園内にあると助かります。
正面入り口の信号前に店舗が出来ましたが、車通りが多く子供たちが危ないので。
売店はゴミ問題や予算など色々な問題があると思いますが、ご検討いただきたいです。

対 応
日頃から岸根公園をご利用いただきましてありがとうございます。
ご要望のありました売店については、現在、設置予定はありませんが、いただいたご意見は公園設置者である横浜市に伝えてまいります。
なお、園内各所に飲料の自動販売機を、また駐車場付近にはアイスクリームの自動販売機も設置していますので、ぜひご利用ください。

残念でした

受付日
2020/11/09
回答日
2020/11/20
施設名
ズーラシア
内 容

ホームページを見ずに日曜日に来て、
規制入園を知り帰宅しました。
移動するだけの1日になってしまいました。

対 応
よこはま動物園ズーラシアにご意見をお寄せいただき、ありがとうございます。
現在、入園者数の上限を、当初の1日あたり5千人程度から8千人程度に拡大し、平日は事前予約なくご入園いただけるように制限を緩和しておりますが、入園者数が多くなる土日祝日は、年間パスポートをお持ちの方にも事前予約をお願いしております。
ご理解いただけますと幸いです。
今回お寄せいただきましたご意見は、今後の運営の参考にさせていただきます。
引き続き、よこはま動物園ズーラシアをご愛顧くださいますようお願いいたします。

熊の飼育について

受付日
2020/11/02
回答日
2020/11/12
施設名
ズーラシア
内 容

ズーラシアに行き、楽しませていただきました。
園内を周る最中、ホッキョクグマの首を振り続ける動きや、他の熊の同じ場所を行ったり来たりしている行動を目にしました。見ただけで通常の精神状態でないことを察し、悲しくなりました。
ストレスを感じているのは、熊だけではないと言う声もあるかと思いますが、一見しただけで異常だと分かる行動でしたので非常にショッキングでした。
動物園側の対応もあるとは思いますが、何か改善策はないのでしょうか。たまたまズーラシアでこの行動をしている熊を見たので質問させていただきました。ズーラシアがストレスの溜まる環境を作っていると言うわけでは無いですが、回答頂けると幸いです。

対 応
このたびは、よこはま動物園へ貴重なご意見をいただきありがとうございます。
ご指摘いただいたホッキョクグマやメガネグマの常同行動に関しては、当園でも深刻な問題と捉え、これまでも様々な方法で改善に努めてまいりました。
ホッキョクグマについては、常同行動は1年中、また終日継続するわけではありません。毎年季節によって出現する常同行動に一定のパターンがあり、野生でも移動距離の増える時期に顕著であることがわかってきました。
常同行動を出現させないための目先の取り組みだけでなく、出現するパターンやその原因を追究すべく関係機関と行動の変化に関する共同研究を行っております。その結果を元に、ホッキョクグマやメガネグマが飼育下でもストレスを感じず生活できる環境を整えることが目標ではありますが、未だ解決には至っておりません。
取り組みの一部をご紹介しますと、採食エンリッチメントとして、給餌回数を増やしたり、給餌間隔をランダムにしたりするなど、工夫を凝らしています。また、ホッキョクグマに活魚を与えるなど、行動の活発化を促しています。その他にもブイや丸太などおもちゃを与える環境エンリッチメントや、他のクマの糞や派生物を設置する嗅覚エンリッチメントも行っています。
動物園や水族館におけるホッキョクグマや、他のクマの仲間の常同行動は世界的にも問題になっているため、改善のための情報収集も国際ネットワークで行っているところです。
このように関係機関とも連携しながら、これからも継続してこの問題に取り組んでいきますのでご理解いただくとともに、またのご来園をお待ちしております。

ハロウィンの飾りについて

受付日
2020/11/02
回答日
2020/11/05
施設名
横浜山手西洋館
内 容

先日、初めて夫婦で訪れました。
足を踏みいれたとき、ハロウィンの飾りつけが過剰なため、驚いてしまいました。受付なら良いと思いますが、屋敷内に、黒い幕や人形やおもちゃなどハロウィンの飾りは不要だと感じました。骸骨の人形がでんと椅子に座っており、まるでお化け屋敷に来たようでした。
建築物の趣きや雰囲気を楽しむことが出来ず、内装の細部も飾り付けのために、隠れてしまい、よく鑑賞出来ませんでした。
流行もわかりますが、歴史ある建築物を観に来る人は、ハロウィンの飾りつけは期待していない、ありのままで保存してほしい、と感じました。

対 応
このたびは、貴重なご意見をいただき、ありがとうございました。
横浜山手西洋館では、国重要文化財である外交官の家をはじめとする歴史的建造物を守りそして生かす「保存と活用」を視野に入れ、年間を通じ様々なイベントを企画・実施しています。
今回のハロウィン装飾をはじめ、四季折々に開催するイベントは若い方やお子様方にも横浜山手西洋館の魅力を知ってもらい、身近に感じていただけるように長年実施しているイベントであることをご理解いただければ幸いです。
お客様から頂いたご意見は真摯に受け止め、今後の参考にさせていただきます。
なお、イベントの開催につきましてはホームページ等でご案内していますので、是非ご覧ください。
またのご来館をスタッフ一同心よりお待ちしております。

ブログ、楽しみにしています

受付日
2020/10/29
回答日
2020/11/10
施設名
ズーラシア
内 容

不要不急の外出を控えているため、ズーラシアに行けずにいます。
今年初めてブログを拝見しました。
動物のかわいさと飼育スタッフの動物への愛情を感じとることができます。
スマトラトラが絶滅危惧種なのはわかっていましたが、展示されている動物のほとんどが絶滅危惧種と知り残念な気持ちになりました。
動物は教えてくれる、動物から学べる事があると思いながらも、動物たちを見てかわいい、美しい、面白い、とだけ感じていたように思います。
ヒトと動物が住みやすい環境の良い地球になることを願います。
今度ズーラシアに行くときは、何か大切な事を学び取れればと思います。
コロナの影響で大変なこともたくさんあると思いますが、動物たちとスタッフの皆様が健康であることを祈っております。

対 応
この度は、よこはま動物園へメールをいただきありがとうございます。
当園のブログをご覧いただき、動物の素晴らしさだけでなく、環境保全の大切さなどを感じていただき、大変嬉しく存じます。
動物園には、種の保存、調査研究、環境教育、レクリエーションの4つの役割があり、この役割を通して地球環境の保全、特に生物多様性の保全の重要性などについて情報発信していきたいと思っております。今後も、ブログやSNS等を通じて、様々な角度から情報を提供してまいります。
コロナ禍が落ち着きましたら、ぜひ動物園にもお越しください。
職員、動物一同、ご来園を心よりお待ちしております。

これからの動物園に望むこと

受付日
2020/10/28
回答日
2020/11/05
施設名
横浜市立動物園
内 容

動物園についてお願いがあります。


横浜の3園を研究センターにしてください。
世界の希少種が集まり、市民の生活に深く根付いている動物園以上に、教育効果を発揮できる存在は無いと思います。
「動物園は遊びに行くところ」という認識を「動物園は地球環境と野生動物を守ってくれるところ」「自然と人を繋いでくれるところ」と深化させる必要があるのではないでしょうか。

名称を繁殖や保全の研究センターに変更すれば、非常に大きなメッセージとなり効果は絶大だと思います。教育的なメッセージも動物園と研究センターでは、受け取る重みが全く違います。横浜市は獣医療体制・技術も飼育技術も日本一で、最先端の繁殖センターがあり、既に世界に貢献されています。動物園というより、繁殖や保全の研究センターの方が圧倒的に相応しいです。

そして動物福祉を推進するために、入園料の値上げをして下さい。希少な命の保全が映画料金よりも安くて良いはずがありません。野毛山の無料は娯楽気分を増長させ、動物の価値を下げてしまっていると感じます。
金沢と野毛山のリニューアルもお願いします。狭いです。

動物園の方々は、高い理念と飼育技術で懸命に改善をしてくださっていますが、ハード面はどうしようもありません。
世界に誇れる施設になれば、観光の目玉になり、命と未来を守る都市として横浜市の信頼度も上がり、イメージアップ効果は非常に大きいと思います。

対 応
このたびは横浜市立動物園へご意見をお寄せいただきありがとうございます。

横浜市の三動物園(よこはま動物園ズーラシア、野毛山動物園、金沢動物園)は、ぞれぞれ以下の役割を担っております。
ズーラシアは世界の野生動物を展示・飼育・繁殖させている国内最大級の動物園で、動物の生息環境に応じた展示を行っています。
野毛山動物園は入園料無料で、身近に動物を感じていただける展示を行っています。
金沢動物園は、世界の希少草食動物を中心に飼育展示を行っています。

名称、施設改修を含めた動物園のあり方につきましては、動物園の設置者である横浜市が策定した計画等にもとづき決定することとなっております。
また、入園料につきましては、横浜市動物園条例に基づき決定しております。ご提案いただいた内容を、横浜市と共有させていただきます。

なお、横浜市の三動物園では、繁殖センターを含め、国内外の動物園との協力体制にもとづき、動物園に求められる4つの役割(種の保存、環境教育、レクリエーション、調査研究)を果たすとともに、種の保全等について検討を行っており、こうした取り組みについて、園内で実施するガイドやイベント、ブログやSNSを通じた情報発信を行っております。

今後も、野生動物保護、地球環境保全に寄与する取り組みを進めるとともに、広く市民の皆様に向けたメッセージを積極的に発信し、動物園に求められる社会的役割を果たすことのできるよう努めてまいります。ご理解をいただけますようお願い申し上げます。

にほんぎつねについて

受付日
2020/10/26
回答日
2020/11/09
施設名
ズーラシア
内 容

先日伺った時に、にほんぎつねがびっこをひいて歩いていました。
とても可愛く、ちょこちょこ行ったり来たりとしてくれていて、最初は皆「かわいい」と見ていたのですが、次第に「足おかしくない」「怪我してる」との声があがっていました。
飼育員の方が認識して下さっているのでしたら問題ないですが、ちょっと心配で問い合わせしました。
どうか見てあげて下さい。
よろしくお願いします。

対 応
この度はよこはま動物園へお問合せいただきありがとうございます。
ホンドキツネのコウシロウは、事故に遭い保護された野生の個体で、足に障がいが残ってしまったため野生に戻すことができず、2010年にズーラシアへやってきました。歩き方に違和感を感じられたのはそのためかと思われます。
また、10歳と高齢でここのところ筋力が落ちたため、歩き方の違和感が顕著になってきました。飼育員、獣医ともに状況は把握しており、その他の健康状態は良好ですのでご安心ください。
今後もコウシロウが心身ともに健全に過ごせるよう努めてまいります。
ぜひまた、コウシロウに会いにご来園ください。 

ドッグランについて

受付日
2020/10/26
回答日
2020/10/29
施設名
三ツ沢公園
内 容

三ツ沢公園にドッグランを作ってもらえませんか。
よろしくお願いします。

対 応
三ツ沢公園にご意見をいただき、ありがとうございます。
ドッグラン設置のご要望につきましては、専用スペース確保などの状況から現在のところ予定はありませんが、いただいたご意見は公園設置者である横浜市にお伝えいたします。

コロナ感染警戒中の園内の遊具使用禁止の要望について

受付日
2020/10/12
回答日
2020/10/19
施設名
ズーラシア
内 容

先日(10月初め)子連れで動物園に行きましたが、園内遊具で遊ぶ子供達が遊具内で非常に密になり、感染のリスクがあると感じます。
整理券で人数制限をしているのに、遊具を使用可にしている為、そこだけ密になり、全体の人数制限が無意味にすら感じます。
 
"遊んだら手を洗わせればいい"
というのはそう簡単ではありません。広い動物園なので食事やおやつの時間が必ずあります。手を洗う前に物を食べてしまっていたり子供は我慢がききません。
コロナ感染のリスクを考え、個人的には遊具で我が子を遊ばせることをやめさせようと思いましたが、他の子供が遊んでいればやめさせることはとうてい無理です。
 
横浜市内在住の者ですが、この半年、外出自粛を続け、動物園ならと初めてこちらに家族で出かけましたが、もし子供が感染したら、遊具での感染の可能性を真っ先に考えてしまうでしょう。
 
園内遊具の使用禁止を切に要望します。

対 応
このたびはよこはま動物園ズーラシアにご意見をお寄せいただきありがとうございます。
園内遊具に関しては、設置者である横浜市の指示のもと開放しておりますが、いただきましたご意見は、横浜市にもお伝えし、今後の感染症予防対策に繋げていきたいと思います。
引き続き、よこはま動物園ズーラシアをご愛顧くださいますようお願いいたします。