公益財団法人 横浜市緑の協会公式サイト

お客様の声の公表

自然体験林内の掲示について

受付日
2024/05/20
回答日
2024/05/31
施設名
よこはま動物園ズーラシア
内 容

自然体験林内のパネル「果実と種子の旅」と「花の形」が汚れていて見ることができませんでした。
自然体験林自体人通りも少なく、パネルも奥の方の掲示物ですが、体験を通して学びを得られる素晴らしい展示だと思うので勿体無いなと思いました。
ブログと共に動物や植物を観察をする際に参考にしているので、定期的に綺麗にしていただけると幸いです。

対 応

この度はよこはま動物園にご意見をお寄せいただきありがとうございます。

また、インフォメーションボード(パネル)が汚れによりご覧になりにくい状況がありましたこと、お詫び申し上げます。

ご指摘を受け改めて確認したところ、自然体験林に設置している5つのインフォメーションボードのうち、樹木の樹液等が盤面に付着して、内容が読みにくくなっているボードがありました。

順次アクリル板の更新を実施するとともに、定期的な清掃に引き続き取り組んでまいります。

今後とも、よこはま動物園をご愛顧いただきますよう、よろしくお願いいたします。

献花台設置について

受付日
2024/05/13
回答日
2024/05/27
施設名
よこはま動物園ズーラシア
内 容

園で飼育する動物の死亡に際し、献花台が設置されなくなったことを非常に悲しく思っています。
大切な友人のような存在だった動物たちとお別れするには時間や場所が必要ですが、献花台はその「場所」になってくれていました。ここ数年間は、献花台無しに(花を供える行為無しに)動物に別れを告げることの難しさを痛感する日々が続いています。他園で献花台が設置されるとのニュースに触れる度、これを羨むと同時に、なぜよこはま動物園では設置してくれないのだろうと訝しんでおります。

動物の死に際し献花台を設置することには大きな意義があると考えます。
動物園は「命そのもの」を見せてくれる場所と思いますが、そこには誕生や死も含まれます。献花台設置は、動物園で飼育されている動物たちが私達人間と同様、「尊厳」を持った「命そのもの」であることを多くの子供達を含む来園者に知ってもらう教育的効果も果たしてくれると思いますし、動物の命に対する敬意や感謝を可視化することは、動物福祉の考えを市民・社会に広めるにも有益と考えています。

献花台が設置されなくなった当初はコロナ禍の最中だったこともあり、感染症拡大防止のため、という理由が挙げられていました。最近では特に理由についての説明は無く、設置の予定は無いとだけ書かれています。
献花台設置を切望する身としては、せめて設置できない理由について知りたいと思います。
上述致しました件、どうかご検討いただきますよう、心よりお願いする次第です。

対 応

このたびは、よこはま動物園にご意見をお寄せいただき、ありがとうございます。

また、飼育動物に対し深くご配慮頂いていますことを感謝申し上げます。

献花台については、コロナ前においては人気動物等が死亡した際に設置していた時期もありましたが、一定期間生花等を維持管理することが難しいこと、カラスをはじめとする野生動物などによる衛生上の観点や園路に献花台を設置することによりお客様の観覧スペースや通行スペースを減らしてしまうこと等の課題がありました。このような課題への対応に苦慮してきた経緯も踏まえ、コロナ禍を機に設置を取りやめさせていただきました。

 

死亡した動物たちへ感謝の気持ちを伝える機会は、年に一度、横浜市内の野毛山動物園にて動物感謝祭を開催しています。その期間中の1日のみではございますがよこはま動物園、野毛山動物園、金沢動物園で死亡した動物の献花台を設けておりますので、その際に献花をご検討いただければと思います。何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

今後とも、よこはま動物園をご愛顧いただきますようお願い申し上げます。

正門サーティワンの営業時間について

受付日
2024/05/13
回答日
2024/05/23
施設名
よこはま動物園ズーラシア
内 容

正門のサーティワンは16時30分に閉店になりますが、北門からの園内最終バスが到着するまで営業してほしいです。隣のお土産屋が17時までなので同じ時間までやっていただくと助かります。

対 応

このたびは、よこはま動物園にご要望をお寄せいただき、ありがとうございます。

サーティワンアイスクリームの営業時間についてのご要望につきましては、運営事業者にも情報共有し、今後の運営の参考とさせていただきます。

今後ともよこはま動物園ズーラシアをご愛顧いただきますよう、よろしくお願いいたします。

展示場の手すりや岩に子どもが乗ることについて

受付日
2024/05/08
回答日
2024/05/20
施設名
よこはま動物園ズーラシア
内 容

展示場の手すりに抱っこした子どもの足を土足で乗せたり、座らせて足を展示場側に出したりしている親子連れがすごく多いです。
また、ホンドギツネ展示場の左右にある岩は子どもが乗るための岩なのでしょうか。
園内マップの「ズーラシアからのお願い」には「岩・木・柵などに登ったり、柵の内側に入らないでください」と書いてありますが、あの岩には子どもが当たり前のようにかわるがわる乗っているし、親御さんが乗せている場合もあります。
警備員さんが通りかかっても特に声掛けをしている様子もありません。
危険なので乗らないよう書いてあるといいと思います。

対 応

このたびは、よこはま動物園ズーラシアに貴重なご意見をいただき、ありがとうございます。

ホンドギツネ展示場の岩は景観のためのものであり、お子様が乗ることは想定しておりません。ご指摘を受け、展示場の手すりも含めて、巡回警備員による声掛けを改めて指導いたしました。また、掲示物の設置につきましても検討してまいります。

今後とも、よこはま動物園ズーラシアをご愛顧いただきますよう、お願いいたします。

レッサーパンダ室内の結露について

受付日
2024/05/08
回答日
2024/05/20
施設名
よこはま動物園ズーラシア
内 容

湿度が高い日にガラス面の結露がものすごいです。
レッサーパンダがシルエットになって全然見えません。
今となっては貴重な母子3頭展示のときも何回か結露に泣かされました。
つい先日も結露がすごくて、入ってくる人たちが口々に「全然見えないね」「拭いてくれたらいいのにね」と言っていました。
飼育員さんや掃除の方が拭いてくれているのを何度か見かけたことはありますが、拭いたそばから曇っていきます。
外側の結露には曇り止めなどで対応していただけないでしょうか。
暑い夏、レッサーパンダのために冷房は効かせてほしいので、外側からの結露対策はぜひお願いしたいです。

対 応

このたびは、よこはま動物園に貴重なご意見をいただき、誠にありがとうございます。

ガラス面の結露によりレッサーパンダをご覧になりにくい状況がありましたことお詫び申し上げます。

これまではその都度ふき取りを行ったり、扇風機をガラス面に向けて設置する等の対処を実施してまいりましたが、根本的な解決には至っておりません。いただいたご意見を参考に今後の対応策を引き続き検討してまいります。

また、結露にお気づきのお客様にも結露のふき取りにご協力頂けるように、スクレイパーの設置を検討いたします。

今後ともよこはま動物園ズーラシアをご愛顧いただきますよう、よろしくお願いいたします。

サバンナの遊び場について

受付日
2024/05/07
回答日
2024/05/20
施設名
よこはま動物園ズーラシア
内 容

「サバンナの遊び場」について、施設運営者は利用者に遊具の年齢制限を守らせるべきです。
あるいは、低年齢児も利用可能なエリアを拡充するべきです。

投書に至った背景、現在の状況:
休日に同施設を利用した際、遊具年齢制限6-12才となっているエリアに、明らかな低年齢児がおり、さらには保護者と思しき成人が遊具内まで同伴している状況が至るところに見らました。一方で、低年齢児が利用可能なエリアには年齢制限3-6才よりも大きいであろう児童により混雑していました。「サバンナの遊び場」全体として年齢制限無視の、ごった返した状態となっており、当方としては子どもを安全に遊ばせることが不可能と判断し立ち去りました。不本意であったと同時に、遊具の使用状況および安全性について、施設運営者はどのように認識しているのか疑問に思いました。

問題点と提案:
1) 利用者の安全意識の低さ
年齢制限を無視し、保護者が中に入ってまで低年齢児に利用させることが、施設の安全性を崩しています。利用者自身のモラルが問題ではありますが、運営者としては混雑時だけでも、係員により適正な利用を促していただきたいです。
また、成人が入ることができる遊具の構造も是正するべきです。
2) 低年齢児が利用可能なエリアが少ない
エリア拡充により、幅広い年齢の児童が安全に遊べる環境を整えて頂きたいです。

対 応

このたびは、よこはま動物園ズーラシアにご意見をいただきありがとうございます。

 

遊具の管理および利用方法にあたっては、施設設置者である横浜市が設けているルールに従い、指定管理者である当協会において管理運営を行っています。現在は、警備員の巡回と遊具のご利用における安全な利用を啓発するため、各遊具に目安となる対象年齢を明示しており、必要に応じて保護者の方の手が届くところで見守っていただくよう掲示物等でご案内しています。

 

いただいたご意見につきましては、今後、混雑が予想される繁忙日には警備員の見回りの際に積極的にお声がけをするなどの対応をとらせていただくほか、エリア拡充につきましては施設設置者である横浜市とも共有し、遊具を安全にご利用いただけるよう検討してまいります。

今後ともよこはま動物園ズーラシアをご愛顧いただきますよう、よろしくお願いいたします。

ズーラシア 北門駐車場の出庫方法について

受付日
2024/04/30
回答日
2024/05/13
施設名
よこはま動物園ズーラシア
内 容

毎年、春と秋の里山ガーデン大花壇の花々を観させて頂いております。
訪問の際には自宅から近いこともあり、バイクでズーラシアの北門駐車場を利用させて頂いておりますが、先日とても危険と感じた事があった為、意見をさせていただきます。 

休日の昼頃に、北門駐車場からバイクで出庫した時のことです。北門駐車場は「二輪車は入場ゲートを逆走して出庫」することになっています。 
当日も私は、北門駐車場の入場ゲートを逆走して出庫しましたが、正面から入場して来た自動車がかなりの速度で前方の急坂を下って来ました。 私は、直ちに左側(自動車の出庫車線)に避けようとしましたが運悪く左車線は、出庫してきた自動車が走行していた為、やむなく逆走車線で一時停止せざるを得ませんでした。
入場して来た自動車は私に気づいて減速はしたものの「なに逆走しているんだ」と言わんばかりに私を睨みつけており、そのまま前進して来ました。 私は、左車線の自動車が通過したのを確認して、直ちに左車線側へ避けて事なきを得ました。
この間、駐車場の係員は当方に注意を向けている様子はありませんでした。 ※出庫バイクに全く気付いていない様子でした

普段は、北門駐車場を利用する自動車は殆どいないので、現行の「二輪車は入場ゲートを逆走して出庫」を良しとしているのでしょうが、やはり二輪車専用の出庫ゲートを設けて頂きたく、切にお願いいたします。
二輪車専用の出庫ゲートの設置が困難であるならば、駐車場の係員は出庫する二輪車の側にも注意を払って欲しいです。
入場の際には、「駐輪場の場所、解りますか」と必ず声掛けしてくれていますが、出庫の際にはほとんど無視されています。

また、もし現行の「逆走出庫」で入場してきた自動車と接触事故となった場合、逆走した側が道交法違反となるのでしょうか。
ゲートの内側は「私道」ですが、ゲートの外側は「準公道」となると思うので、その意味でもなんとかしてほしいです。

ご回答をお待ちしております。

対 応

このたびは、よこはま動物園ズーラシアにご意見をお寄せいただきありがとうございます。
また、当園が委託する警備員の対応が不十分であり、危険な思いをお掛けし申し訳ございませんでした。
北門駐車場は、施設の構造上、二輪車用の出口を設けられないため、二輪車の出庫は入口を通過していただく運用を行っております。このため、二輪車が出庫する際には、入庫車両を確認し、安全な誘導を行うこととしておりました。しかし今回の対応について委託先の警備員に確認したところ、十分な誘導の対応ができておりませんでした。重ねて深くお詫び申し上げます。
また、ご質問の「逆走出庫」におけるトラブルにつきましては、敷地内であるため、基本的には道路交通法の対象にはならないと考えております。これらを踏まえ、警備業者には、二輪車出庫の際の安全確認と誘導を徹底するよう厳重に指導いたしました。お客様が安全にご利用いただけるよう管理運営を行うとともに、二輪車の出庫方法につきましてはあらためて検討を行い改善してまいります。

外交官の家の薔薇を描かせて頂いたお礼

受付日
2024/05/07
回答日
2024/05/16
施設名
外交官の家
内 容

昨年、そちらを訪れ、素晴らしい庭園を拝見いたしました。その時に撮影させて頂きました「はまみらい」の写真から、油絵を描かせて頂きました。
思いがけず高評価を頂き、公募団体の委員推挙を頂きました。そちらの庭園あってのお陰と感謝しております。
素晴らしい庭園、そして施設。いつも春が待ち遠しいです。
これからも維持し続けてくださいませ。
ありがとうございました。

対 応

日頃より山手イタリア山庭園へご来園いただきありがとうございます。
また、この度は、温かいお言葉を頂戴し、庭園管理作業の大きな励みになります。重ねて感謝申し上げます。
今後とも、みなさまにお楽しみいただける庭園であり続けられるように、維持管理作業に取り組んでまいります。
またのご来園をお待ちしております。

レッサーパンダの 屋内展示のバー再設置について

受付日
2024/04/15
回答日
2024/04/26
施設名
よこはま動物園ズーラシア
内 容

先日行ったときに屋内展示場の三角コーンとバーが撤去されていました。
あったほうがいいと思うので混雑するGWまでには再度設置してほしいです。
なくすことによるデメリットの方が多いと思います。

撤去されてからまだ一週間ほどですが、実際目撃したことを以下に書きます。

・幼児が段差から転がり落ちた
・注意書きがあるにも関わらずガラス面に子どもを立たせたり座らせる
・子どもも大人もガラスを叩く
・子どもがガラス面に園内マップを広げる
・至近距離でのフラッシュ撮影
・ガラス面にスマホをべったりくっつけて撮影
・ガラス面と人が近いと後ろから見えない
・大人が段差に乗ると後ろから見えない

撤去することのメリットは小さい子どもが見えるということくらいではないでしょうか。
ホッキョクグマやスマトラトラもガラス面がありますが、展示場が広いので動物は遠くへ行くことができます。
しかし、レッサーパンダはあの狭い屋内です。
これから暑くなったらずっとあの中で過ごします。
寝ているとガラスを叩いて起こそうとする人が多いです。

混雑している日に実際の様子を確認してほしいです。
よろしくお願いいたします。

対 応

このたびは、よこはま動物園ズーラシアにご意見をお寄せいただき、ありがとうございます。
レッサーパンダ屋内展示場前のパイロンとバーは、新型コロナウイルス感染症対策として設置したものです。新型コロナの5類移行後もしばらく設置を継続して様子を見ておりましたが、感染症が収束したことから、撤去の判断をいたしました。
しかしながら、今回のご指摘を受け、レッサーパンダの健康管理とお客様の事故防止のため、お客様がガラスに近づかないように、再度チェーンを設置する対策をいたしました。
今後とも、よこはま動物園ズーラシアをご愛顧いただきますよう、お願い致します。

タバコのポイ捨てについて

受付日
2024/04/03
回答日
2024/04/16
施設名
よこはま動物園ズーラシア
内 容

ズーラシア職員がタバコのポイ捨てをしてます。

自転車通勤しているようでタバコを吸いながら移動しています。条例違反です。

周辺住宅の住人ですが、定期的に同人物の移動タバコ目撃してます。

指導お願いします。

対 応

このたびは、よこはま動物園ズーラシアにご指摘をいただきありがとうございました。
ご指摘いただいた内容について園内で調査したところ、当園から委託しているスタッフであることを確認しました。受託業者及びスタッフ本人に対して厳重に注意指導を行いました。
当該職員の行為により、近隣住民の皆様へご迷惑をおかけし、大変申し訳ございませんでした。深くお詫び申し上げます。
また、再発防止のため、全職員に対しても今回の件を共有し、注意喚起いたしました。
今後このようなことがないよう、引き続き指導を徹底してまいります。
今後ともよこはま動物園ズーラシアをご愛顧くださいますよう、よろしくお願いいたします。