公益財団法人 横浜市緑の協会公式サイト

お客様の声の公表

レストランのアレルギー情報について

受付日
2021/12/13
回答日
2021/12/21
施設名
金沢動物園
内 容

子どもに食品アレルギーがあります。
動物園のレストランのアレルギー情報をホームページで公開していただけると嬉しいです。
レストランのものを食べられるかどうか事前に調べることが出来ると、お弁当を持参すべきかどうか決めることができて大変助かります。
ご検討よろしくお願い致します。

対 応

金沢動物園にお問合せいただきありがとうございます。

レストランでは各メニューの使用原材料を把握しておりますが、複数のメニューを同一の厨房で調理しており、アレルギー物質の混入を完全に防止することは難しい環境です。
そのため、ホームページ上でのアレルギー表記は控えさせていただいております。
店舗においては、上記の理由により完全なアレルギー対応ではないことをご理解いただいたうえで、各メニューの成分表をご確認いただくことができます。
ご覧になる場合は、お手数をおかけしますが、スタッフにお申し付けください。
なお、お弁当をご持参された場合は、レストラン店内でお召し上がりいただくことができます。

今後とも金沢動物園をご愛顧くださいますようお願いいたします。

ズーラシア・金沢動物園イベント参加御礼について

受付日
2021/11/29
回答日
2021/12/10
施設名
横浜市立動物園
内 容

先日、ズーラシアと金沢動物園のイベントに参加させていただきました。

非常に楽しく貴重な体験をさせて頂き心より感謝申し上げます。

「ツシマヤマネコにおける人工授精の取り組みについて」は、非常に考えさせられました。100頭ほどしかいないツシマヤマネコの遺伝的多様性を守り、種そのものの絶滅を回避するために、ズーラシアで行われている腹腔鏡下卵管内人工授精という技術がどれほど必要で大切なものであるのか、そしてその成功の難しさの一端を知ることができました。

また、その世界最先端技術で繁殖成功を続けたとしても、絶滅を回避できるほど個体数を増やすことはできないだろうということ、いま現在のヤマネコと生息環境を守ることこそが、何より大切で必要であること、その希少な命が交通事故で亡くなっている現実に、なんとしても守っていきたい、ズーラシアの取り組みを応援したい、保全活動に参加したいと思いました。

「村田園長のとっておき写真展ギャラリートーク」は、最高に楽しく、学びの多い幸せな時間でした。
横浜市繁殖センターでの、「カンムリシロムク繁殖の取り組みと成功について」のお話はSNS上の記事などで知ってはいましたが、村田園長から直接お話を聞くと、その取り組みと貢献の素晴らしさを心底実感し、感動を新たにしました。

金沢動物園の「ゾウのエンリッチメント体験」は、本当に夢のような時間でした。
エンリッチメントの説明、より良いエンリッチメントの進め方、行動調査の実践、エンリッチメントの作成と実行、再調査と評価。
一般来園者向けに、簡単に楽しめるようにプログラムが作成されていたと思いますが、非常に本格的に感じ、大変大きな学びがある体験でした。

動物福祉に関心を持ち、個人的にほそぼそと学んでおりますが、卓上の学びを動物園で体験できる喜びが、どれほど大きなものであるか。
横浜の動物園が市民の誇りであること、その存在の大きさに心より感謝申し上げます。

野毛山動物園につきましても、大変古く旧式で十分な広さのない施設でありながら、優秀な現場の方々の多大なる努力による動物福祉強化への取り組みと、高度な専門技術を実感できることが、非常に頼もしく嬉しく思っています。
しかしながら、施設の限界を強く感じますので、国際都市SDGs未来都市横浜に相応しい改修の実施を強く希望いたします。

これからも、どうぞよろしくお願い致します。

対 応

この度は、ご丁寧なお礼のお言葉をいただき誠にありがとうございます。

動物たちへの日々の取り組みについて多くのことを感じていただけたことを、職員一同とても嬉しく思っております。
金沢動物園での「ゾウのエンリッチメント体験」は、行動観察や効果測定についても取り上げた初めての企画でした。参加者の皆さまにご満足いただけたか気掛かりでしたが、楽しんでいただけたようで安心いたしました。

頂戴したお言葉を励みとし、動物園の役割である「種の保存」「調査研究」「環境教育」「レクリエーション」を一層充実できるよう尽力いたします。

野毛山動物園の改修のご要望につきましては、施設設置者の横浜市にお伝えいたします。
今後とも、よこはま動物園ズーラシア、野毛山動物園、金沢動物園をご愛顧いただきますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

動物についての説明

受付日
2021/11/24
回答日
2021/12/03
施設名
金沢動物園
内 容

動物が今、自然界でおかれている状況を分かりやすく解説する案内板があり、「これぞ動物園としての役割」と感動致しました。
特にサイなどが危機的な状況にあることも知ることができました。

しかし、せっかくフリガナまであるのに小さな子どもには目が行きづらい位置にあるのが残念。

このような動物達の状況をTwitterなどで定期的に発信することは公営動物園では出来ないのでしょうか。

対 応

金沢動物園に貴重なご意見をいただきありがとうございます。
また、園内の掲示物に注目していただきましたこと、嬉しく思います。

金沢動物園では、お客様が動物をご覧になり楽しんでいただくだけでなく、動物園を通して地球環境保全の大切さについて考えるきっかけにしていただくことを心がけております。
その一つが園内に掲示している解説板です。

今回ご指摘をいただきました解説板の設置位置につきましては、内容や方法も併せて検討し随時変更していきます。
また、TwitterなどSNSによる情報発信につきましても、たくさんの方にお届けできるよう発信内容も含め工夫して参ります。

今回いただきましたご意見などは、実際に解説板を企画・実施している職員にとって大きな糧となります。
今後とも金沢動物園をよろしくお願いいたします。

新しい動物の展示の要望

受付日
2021/11/11
回答日
2021/11/19
施設名
金沢動物園
内 容

金沢動物園に、レッサーパンダ、あるいは新しい動物を展示してほしいです。
金沢動物園は、来園者への対応が親切な飼育員さんが多く、カンガルーやオオツノヒツジ、スーチョワンバーラルなど、たくさんの個体がいる動物もしょっちゅうブログで各個体の様子が公開されていて、本当に動物が愛されているのが伝わってくるので、好感度がかなり高い動物園です。
いつもありがとうございます。
展示場も緑豊かで十分な広さの場所が多く、エンリッチメントで賞を取る飼育員さんがいるなど、動物にとっていい環境が整っていると思います。
レッサーパンダはズーラシアと野毛山にもいて、完全に個人的な好みですが、金沢動物園のような環境で繁殖への取り組みをしてほしいです。
レッサーパンダでなくても構いません。
いつか新しい動物の展示をしてほしいです。

対 応

金沢動物園にご要望をお寄せいただき、ありがとうございます。

動物の導入については、横浜市の飼育展示計画により決定しております。
現時点で導入の予定はございませんが、レッサーパンダや新しい動物の展示に関してお客様からいただいたご要望は、横浜市にお伝えいたします。

これからも動物のより良い環境作りに取り組むとともに、SNS等を活用した情報発信等に努め、お客様に親しんでいただける動物園運営に取り組んでまいります。
今後とも金沢動物園をご愛顧くださいますよう、よろしくお願いいたします。

ビーバーが見たいです

受付日
2021/11/15
回答日
2021/11/22
施設名
ズーラシア
内 容

ビーバーに興味があります。
もし何か、新しい動物を検討する際の候補に挙げてもらえればと思いメールしました。
二足歩行で歩いたり、ダムを作ったりと、見栄えもするのではないでしょうか。
ぜひ検討していただければと思います。よろしくお願いいたします。

対 応

この度は、よこはま動物園ズーラシアへご提案をいただきありがとうございます。
いただいたご提案は、施設設置者である横浜市へお伝えいたします。
今後とも、よこはま動物園ズーラシアをご愛顧のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

新エリアの提案

受付日
2021/10/26
回答日
2021/11/02
施設名
ズーラシア
内 容

新しくオープンしてほしいエリアがあります。
それは、北アメリカの自然を再現した「北アメリカの森林」です。
そのエリアで飼育及び展示してほしい生物はプレーリードッグ、オオツノヒツジ、ピューマ、カナダカワウソ、コヨーテ、アメリカグマ、クズリ、クロアシイタチ、ココノオビアルマジロ、キジオライチョウ、ハクトウワシ、アナホリフクロウ、アメリカフクロウ、ニシアメリカフクロウです。

対 応

この度は、よこはま動物園にご要望をお寄せいただき、ありがとうございました。

展示エリアの新設等に関しましては、施設設置者である横浜市が計画・決定しております。
いただきましたご意見は、横浜市にお伝えいたします。

今後とも、よこはま動物園をご愛顧いただきますよう、よろしくお願いいたします。

撮影禁止の解除要望

受付日
2021/10/21
回答日
2021/10/28
施設名
山手西洋館
内 容

飲食店のアルコール提供が解除されても、依然として館内撮影禁止が続いています。
素人の個人が、モデルやコスプレでもなく、ストロボたかず、三脚たてず、長時間にならないよう配慮しながら撮っているのも、いつになっても禁止というのはあまりにも制限過剰ではないでしょうか。
感染者数が減少しているいまやらなければ、今後も絶望的です。
他県や市の施設でも、ここまでやっているところは見当たらないし、コロナ前お邪魔していたときでも、密を心配する状況はそれほど多くはなかったと思いましたが。

対 応

館内の撮影禁止でご不便をお掛けして、申し訳ございません。

ご指摘のように、緊急事態宣言が解除され飲食店などの制限が緩和されましたが、山手西洋館では引き続き、横浜市からの通知により、広さや構造に応じた入館者数の制限等、新型コロナウィルス感染症拡大防止対策ガイドラインに沿った運営を継続しております。
館内での写真撮影解禁は、入館者数の制限等が解除された段階となる予定です。
ご理解、ご協力いただきますようお願いいたします。
なお、ご要望の内容については設置者である横浜市にお伝えしてまいります。

今後とも山手西洋館をどうぞよろしくお願い申し上げます。

公園内での球技について

受付日
2021/10/19
回答日
2021/10/20
施設名
岸根公園
内 容

公園内では野球やサッカーなどの球技は禁止されているはずですが、実際にはサッカーをしているのをよく見かけます。
横浜市のWebサイトの「よくある質問」を見ると、少人数でのパス練習くらいはかまわないということですが、許容されるされないの線引きはどうなっていますか。
先日、見かけたのは、
(1)人数は小学生10名程度+大人の指導者らしき人たちが数名
(2)コーンを設置してサッカーコートを作って占有
(3)小さなものでしたがゴールまで設置
(4)使っているボールは、材質までは分かりませんでしたが、ぶつかったときにかなり硬いもの
だと感じました。
公園の一部を占有しての本格的なサッカー練習だと思います。問題ないのでしょうか。
子ども(乳幼児)連れなので、ぶつかるのが怖いです。
実際、私自身にボールがぶつかったときに、かなり硬いもので、子どもにぶつかったらケガをしかねないと思いました。
大人の指導者らしき人たちと話をしようかと思ったのですが、そもそも問題ないのであれば、文句は言えません。
許容されるされないの線引きをはっきりさせてください。
また、許容されない場合はどうすればいいですか。
先日は直接話そうと思ったのですが、後になって、こちらが正しいとしても、トラブルのもとになることに気づきました。
そちらの事務所に連絡すればいいですか。
ときどき、「○○はしないでください」というような放送が聞こえますが、実際にルール違反をしている人たちは聞いていません。
まずは、(1)線引きを教えてください。そして、(2)対処方法を教えてください。

対 応

日頃から岸根公園をご利用いただきありがとうございます。

公園内での球技についてですが、公園内では他の人に怪我をさせる可能性のある行為や迷惑となるような行為は禁止となっています。
少人数のキャッチボールやパスの練習、リフティング等他の利用者の迷惑にならず、危険が生じる恐れの無いようなことであれば可能です。
しかしながら、バット等を使用する本格的な練習や、十数人で行う試合などはご遠慮いただいています。
禁止行為に該当するか否かについては、利用場所や利用方法、周囲の状況などによって個別に判断することになりますので、そのような行為を見かけましたら、事務所または園内にいる職員にご連絡いただければ、職員が声掛け、注意指導をさせていただきます。

今後とも岸根公園をどうぞよろしくお願いいたします。

園内設置の自販機にICカード決済端末を装着してほしい

受付日
2021/10/04
回答日
2021/10/04
施設名
金沢動物園
内 容

園内に設置の自販機が現金対応のみで、利便性と感染防止の観点からもキャッシュレス決済手段の対応をしてほしいです。
ののはな館には設置があるようでしたが、動物園内にも同様の設備を整えられないか検討頂けると幸いです。

対 応

金沢動物園にご要望をいただきありがとうございます。

園内自販機のICカード決済端末の導入については、自販機業者と協議し、検討してまいります。
お客様にご利用いただきやすい環境整備に努めてまいりますので、今後とも金沢動物園をご愛顧いただきますようお願いいたします。

ホロホロチョウとロバがすきです

受付日
2021/10/04
回答日
2021/10/08
施設名
野毛山動物園
内 容

ズーラシアのフサホロホロチョウが大好きで、定期的に眺めては和んでいます。
市内に住んでいますが、いまや近くではなかなか見ることができません。
このような貴重な場を維持されているスタッフの皆様どうもありがとうございます。
動物園の構成は、私のようないち素人が口を挟むところではないと承知しておりますが、さらに欲を言えば、野毛山のキリンやシマウマの動物コーナーにも、ホロホロチョウを入れてくだされば、世のホロホロチョウファンが大喜びすると思いますので、何かの折に御検討くだされば幸いです。

ズーラシアのモウコノロバも毎回長時間愛でてしまいます。
ロバファンとしてありがたい限りと思っています。
今後ともロバの飼育はぜひ維持、ひいては野毛山や金沢へ拡大のほどよろしくお願いします。

対 応

野毛山動物園へご要望をお寄せいただきありがとうございます。

キリン、シマウマ、ホロホロチョウは同じアフリカに生息し、混合展示が可能な種ではありますが、展示にはそれぞれの種が安心して行動できる広いエリアが必要となります。
十分な面積が確保できない状況で三種を一緒に展示した場合、ホロホロチョウは力関係で一番弱い立場となり、キリンやシマウマの行動による影響を強く受け、QOL(クオリティ・オブ・ライフ:生命の質)が良くない状況となってしまいます。
当園は敷地面積が狭く各展示場も決して広いとは言えないため、今後ホロホロチョウの導入及び混合展示の予定はございません。

また、ノロバに関してですが、現在日本国内で飼育されているのはズーラシアにいる高齢のモウコノロバ1頭のみとなっています。
世界的に飼育個体数が少ないことなどがあり、野毛山動物園・金沢動物園へ新たに導入することは難しいのが現状です。
家畜種のロバ(ドンキー)についても、現在導入の予定はございませんが、いただいたご意見は施設設置者である横浜市にお伝えし、今後の運営の参考とさせていただきます。

ご要望にお応えすることができず申し訳ございませんが、何卒ご理解いただきますようお願いいたします。