横浜山手西洋館公式サイト

山手西洋館とは

外国人居留地の面影が残り、異国情緒あふれる街並みの横浜山手には、7つの西洋館が佇み、西洋文化発祥のちとして、多くの観光客が訪れます。

外交官の家[重要文化財]

gaikoukan_about.jpg
1910年にJ.M.ガーディナーの設計により、ニューヨーク総領事やトルコ特命全権大使などを務めた明治政府の外交官内田定槌氏の邸宅として建てられました。

ブラフ18番館[横浜市認定歴史的建造物]

bluff18_about.jpg
大正末期に山手町45番地に建てられたオーストラリアの貿易商バウデン氏の住宅で、そのあとカトリック山手教会の司祭館として使用されていました。

ベーリック・ホール[横浜市認定歴史的建造物]

berrick_abourt.jpg
1930年にJ.H.モーガンの設計により、イギリス人貿易商B.R.ベリック氏の邸宅として建築されました。

エリスマン邸[横浜市認定歴史的建造物]

ehrisman_about.jpg
アントニン・レーモンドの設計により、1926年に生糸貿易商エリスマン氏の私邸として建築されました。

山手234番館[横浜市認定歴史的建造物]

yamate234_about.jpg
1927年頃に朝香吉蔵の設計により、外国人向けの共同住宅として建築されました。

横浜市イギリス館[横浜市指定文化財]

british_about.jpg
1937年に上海の大英工部総署の設計により、英国領事公邸として建築されました。

山手111番館[横浜市指定文化財]

yamate111_about.jpg
1926年にJ.H.モーガンの設計により、アメリカ人J.E.ラフィン氏の住宅として建築されました。