サイトメニュー ショートカット
文字サイズ
冬のメタセコイアの写真

更新日:2018.02.11冬のメタセコイア


更新日:2018.02.11

冬のメタセコイア

俣野公園には5本のメタセコイアが植栽されています。

CIMG5755.jpg

CIMG5759.jpg

■メタセコイア  スギ科の落葉高木。

この植物が発見されたのは意外に新しく1943年。当時は化石で

しか見ることのできない絶滅植物とされていたこの樹木は、中国の

湖北省で発見されました。

日本には1949年(昭和24年)に渡来し、以来、挿木繁殖で

全国に広がり、公園や庭園などで植栽されるようになりました。

澄みわたった冬の空に向かってまっすぐにそびえる幹。その頭頂部

から葉の落ちた枝が円錐形に延び、端正な樹形を見せています。

CIMG5760.jpg

野球場のスコアボード裏。3本のメタセコイアが寄り添うよう並ん

でいます。

CIMG5757.jpg

樹木広場に少し離れて立つ2本。ツツジに囲まれています。

CIMG5762.jpg

CIMG5824.jpg

さて、この時期、スギ科の樹木と聞いて鼻がムズムズする方も

いらっしゃるのではないでしょうか。

植物事典によると、このメタセコイアの花粉はスギ花粉の主要

アレルゲンと共通の抗原性を持つことが明らかにされているとの

こと。

園内に立つ本数こそ少ないものの、念のため。