俣野公園公式サイト

【重要】緊急事態宣言期間における公園施設利用の考え方の写真

更新日:2021.08.19【重要】緊急事態宣言期間における公園施設利用の考え方

更新日:2021.08.19

【重要】緊急事態宣言期間における公園施設利用の考え方

令和3年8月17日に特措法に基づく緊急事態措置に係る神奈川県実施方針が改定されたことを受け、8月18日に横浜市の対応方針が一部変更されましたのでお知らせいたします。

1 基本的な対応の考え方

  緊急事態宣言中は、感染症拡大防止対策の徹底を継続。
  施設利用の新規予約受付を当面の間停止。
  終日、酒類の提供(利用者による酒類の持込みを含む)を停止。

2 実施期間

  令和3年8月2日(火)~ 緊急事態宣言解除日
  ただし、施設利用の新規予約受付停止は、当面の間とする。

3 公園施設利用に係る対応

  既に予約の入っている利用枠は、感染防止対策を徹底した上で原則開館。
  ただし、施設の利用時間は原則20 時まで。
  会食や対面での飲食の自粛。

記者発表(8月18日)「緊急事態宣言の期間延長に伴う横浜市の対応についてについて.pdf