クロサイ、ラジオに癒される?の写真

更新日:2015.03.04クロサイ、ラジオに癒される?


更新日:2015.03.04

クロサイ、ラジオに癒される?

1月26日に名古屋市の東山動物園からやって来たクロサイのニル。
1.3トンという巨体に似合わず、とても神経質。

生まれてから18年間ずっとお母さんと一緒の環境から一転して、
見知らぬ土地で独りぼっちという大変化が拍車となったのか、
入園後の数日間は獣舎内の通路に飼育員の姿が見えようものならば、
ものすごい声で吠えながら柵や壁をガンガンとツノで激しく突いて威嚇しました。

その結果、ステンレス製の頑丈な柵が歪み、コンクリートの壁は欠け、
ニル自身のツノも根本の表面が一部剥がれてしまいました。



欠けたコンクリート壁


歪んだステンレス製の柵


そこで登場した新兵器がラジオです。

もともとはキリン舎でキリンたちを雑音に慣らすために、
鳥や虫の鳴き声・風の音など環境音のCDを再生するために使っていたものですが、
これを使ってニルに人の声を四六時中聴かせてみてはどうだろうというアイデアが出て、試してみることにしました。

試してみると効果は絶大!うまい具合に気が散るのでしょうか、
飼育員が作業のために出す音にいちいち吠えなくなりました。
そして日がたつにつれて、清掃をしている隣の部屋で伏せて休息するなど落ち着きがみられるようになったのです。



ラジオよ、ありがとう!




とは言っても、4月の公開後もラジオを流す訳にはいきません。
いつ、どうやって、ニルをラジオから卒業させるかが、これからの課題のひとつです。

(板橋 正憲)