よこはま動物園ズーラシア公式サイト

「エランド 」って、どんな動物?の写真

更新日:2014.11.10「エランド 」って、どんな動物?

更新日:2014.11.10

「エランド 」って、どんな動物?

サバンナゾーンに展示予定のエランド。
あまりなじみがないかもしれませんが、アフリカにすむウシ科の動物です。

おなじみのトムソンガゼルやインパラと同じで、
レイヨウもしくはアンテロープと呼ばれる仲間です。

他のレイヨウより大型で、ツノの先までの高さは2m以上、体重も500kgを超える大きな体です。
大きさの割に意外とジャンプ力があり、1.5~2mくらいの高さを飛び越えることもあります。


円山動物園からきた、ニコ。4歳のメス。


オスにもメスにツノがはえていますが、オスの方がツノが太く、大きくなります。
ツノは根本付近がねじれていて、その先はまっすぐ伸びます。
個体によりツノの形が多少違います。
現在、4頭を飼育中です。


チーターと同じく、こちらもただ今シュートに出る練習中です。


草原ゾーンにつながるシュート。


その先には、広い展示場があります。




下の写真はシュートでの様子


群馬サファリパークからきた3頭。
オスのビスケ、メスのシューズとカルーア。
3頭とも約1歳半です。


まもなく広い広い草原ゾーンに出る練習を始めます。
はたして、ちゃんと帰ってきてくれるでしょうか?