更新日:2018.01.17

高病原性鳥インフルエンザ防疫対応策として、鳥類のふれあい、一部鳥類がご覧になれない箇所があります。

高病原性鳥インフルエンザ防疫対応策として、横浜市からの通知に基づき、当面の間、以下の対応をいたします。

ご来園のみなさまにはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解いただきますようお願いいたします。

非展示動物:鳥類全般
      ※キジ類、ニシムラサキエボシドリ、ズグロウロコハタオリ、リビングストンエボシドリは見ることができます

イベントの変更:バードショーを中止します
        「飼育係のとっておきタイム」のエミューを、アカカンガルーに変更します

※その他の非展示となっている動物はこちら

傷病鳥類(けがや病気で弱っている鳥類)の受入は、休止させていただきます。
また、入退園の際には、設置しました消毒マットにて靴底の消毒をお願いいたします。

ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

◆記者発表資料はこちら