よこはま動物園ズーラシア公式サイト

今年の夏。アカアシドゥクラングールの夏! ③の写真

更新日:2016.07.18今年の夏。アカアシドゥクラングールの夏! ③

更新日:2016.07.18

今年の夏。アカアシドゥクラングールの夏! ③

さてさて、日本のアカアシドゥクラングールはと言うと、

1999年、ズーラシアには開園当時からラー(オス)とコイ(オス)の2頭が暮らしています。

【飼育日誌】20160718:今年の夏。アカアシドゥクラングールの夏3-1.png

【飼育日誌】20160718:今年の夏。アカアシドゥクラングールの夏3-2.png

日本国内には他にアカアシドゥクラングールがいなかったため、海外の動物園でお嫁さんを探していましたが、なかなかいい相手が見つかりませんでした。

【飼育日誌】20160718:今年の夏。アカアシドゥクラングールの夏3-3.jpg

そんなラーとコイの下へ待望のメス、ワニ(紛らわしいですが個体名です)がシンガポール動物園からやって来たのが、2012年。

翌年の2013年には同じくシンガポール動物園からツバオ(メス)もやって来て、にぎやかになりました。

2013年の年末にはツバオがムー(メス)を出産しましたが、ツバオが体調を崩してしまったため、ムーは飼育員が親代わりとなって人工哺育することになりました。

【飼育日誌】20160718:今年の夏。アカアシドゥクラングールの夏3-4.jpg

2014年にはワニがショーン(オス)を出産しましたが、赤ん坊の安全を確保するため、ショーンも人工哺育をすることに。

国内では初めてのアカアシドゥクラングールの人工哺育とあって、一筋縄ではいかないすったもんだの末、なんとか2頭が無事に成長してくれました。

【飼育日誌】20160718:今年の夏。アカアシドゥクラングールの夏3-5.jpg

2015年にはワニがアーニを出産。アーニは母親のワニに育ててもらって、すくすくと成長しています。

【飼育日誌】20160718:今年の夏。アカアシドゥクラングールの夏3-6.png

同じ年、ツバオもサオを出産し、父親のコイと一緒に家族で過ごしています。

【飼育日誌】20160718:今年の夏。アカアシドゥクラング-ルの夏3-7.jpg

そして、2016年

アカアシドゥクラングールが脚光を浴びる夏がやって来たのです!

やっと次が本題!(前置きが長くなりました...)

(飼育展示係 川口)