飼育員の遊び心?の写真

更新日:2017.07.18飼育員の遊び心?


更新日:2017.07.18

飼育員の遊び心?

みなさん、こんにちは。

ご存じのとおり、ズーラシアには数多くの動物たちがおり、
また、その動物たちを飼育する飼育員もいろんな意味で個性豊かです。

今回ご紹介する動物はツキノワグマ舎で飼育中のメガネグマです。
展示はしていない個体をご紹介します。

動物たちの餌を準備するにあたり、バケツやタッパーを使用することが多々あります。
ちなみに、チンパンジー担当者はバケツに愛称を書いていたりします。几帳面ですね...。
1.jpg

そして、今回、担当動物がかわり、今まで入っていなかった獣舎で作業するにあたり、
面白い表記を見つけたりします。

例えば、こちら↓
2.jpg
朝から一体、何をあげているんだ!? と思ってしまうこの表記。

そして、お昼も期待を裏切らず、こちら↓
3.jpg

そしてそして、夕方は...
4.jpg
期待を裏切るこの表記。笑
なぜ、夕餌のバケツまで突き通さなかった!?

うすうすお気づきかと思いますが...
5.jpg
メガネグマのマックスの餌バケツ(タッパー)の表記でした。
ちなみに、こちらは「朝マック」中です。
器用に両手で餌を持って食べるのが、かわいいですね。

食後はいつもの台で寝るのみ。
お休みのところ、カメラを向けると、ものすごく迷惑がられました。笑
9.jpg
それにしてもかわいいピンクなお手てですね。

いつしかの飼育員の遊び心にクスッとした私でした。

飼育展示係 ナカジマ