スペシャル プレゼント!!!の写真

更新日:2016.10.04スペシャル プレゼント!!!


更新日:2016.10.04

スペシャル プレゼント!!!

9月末まで実施していた「アカアシドゥクラングール チャリティイラストコンテスト応募作品の展示」がご好評のうちに終了しました。

みなさん、ご覧になりましたか?

アカアシドゥクラングールへの思いがこもった、素敵な作品ばかりでした!

優秀作品はこちら

今回のチャリティイラストコンテストは、ザ・ボディショップにより、「バイオブリッジキャンペーン」の一環として企画されたものです。イラスト応募1点につき10円が、ザ・ボディショップからズーラシアに寄付され、アカアシドゥクラングールの域外保全(繁殖)活動に役立てられます。

そこで、9月18日~10月10日までの日曜・祝日にアカアシドゥクラングールにスペシャルプレゼントをあげながら、特別ガイドを実施しています。

スペシャルプレゼントは、例えばこれ

P9210171.jpg

なんだか分かりますか?

それから、これ

P9210174.jpg

こっちの方が分かりやすいかな?

などなどいろんなスペシャルプレゼントを用意しました。

特別ガイドも残すところあと10月9日(日)と10日(月・祝)の2回となりました。

お見逃しなく!

さてさて、前回ショーンの誕生日のブログでぽろっとつぶやいた「2歳になって、そろそろ新たなステップを踏み出そうかな?」の言葉どおり、ズーラシアのアカアシドゥクラングールたちにはちょっと変化がありました。

これまで、母親のワニと息子のアーニ、人工哺育で育ったムー(メス)とショーン(オス)の4頭が一緒に過ごしていましたが、次の繁殖に向けた準備のために、母親のワニを子どもたちから分けました。

今は、子どもたち3頭で暮らしています。

これまでワニにべったりだったアーニは最初は少し寂しそうでしたが、実は一番年下のアーニが3頭の中で一番体格がいいので、3頭の関係の変化を観察するのはとても興味深いです。

体格が良く、母親に常に見守られていたアーニは、これまで一番年下ながら、一番生意気でした。

年上のムーやショーンへ盛んにちょっかいを出し、反撃されると母親に助けを求めるやんちゃ坊主だったのです。

母親の援護がいなくなった今、アーニがどう振舞っているのかというと、

P9210135.jpg

アーニ(左)「これ欲しい!」

ショーン(右)「ダメ、僕のだもん!」

P9210136.jpg

アーニ(左)「いや~、これが欲しいの~」

ショーン(右)「ダ~メ~、僕の~」

これまでは、この辺りで母親のワニが飛んできて、アーニがゲットしていました。

でも、今は・・・

P9210137.jpg

アーニ(左)「僕が欲しかったのに・・・」

ショーン(右)「僕のだもん!」

年上のショーンの方が順位が上になりました。

こうやって集団で生活するルールを覚えていくんですね。

一方、ムーは・・・

P9210129.jpg

「男の子って子どもよね」とでも言っているのかどうなのか。

(飼育展示係 川口)