よこはま動物園ズーラシア公式サイト

プクの成長の写真

更新日:2019.11.12プクの成長

更新日:2019.11.12

プクの成長

モイが生まれて4頭となったアカアシドゥクラングールのコイ達の群れ。

今までに群れの中で3頭の出産・子育てをしてきたコイとツバオにとっては見慣れた光景でしたが、2歳になるメスのプクにとっては、自分より小さい赤ちゃんを見るのは初めて!

また、つい先程までは自分がお母さんを独占できていたのに、いきなり現れた赤ちゃんにポジションを取られてしまい、初日は何が何だか分からないといった様子でした。

プク①.jpg

しかし次の日からは、とにかくモイが気になって気になって仕方がないようで、

プク②.jpg

そ~っと近づいていっては様子をうかがい、

プク③.jpg

モイもそんなプクが気になるようで、目で追っていました。

プク④.jpg

先程から写真の下に写っているグレーの頭が、プクです(笑)

プク⑥.jpg

ツバオの後ろからチャンスをうかがい・・・(笑)


そしてモイが生まれてからちょうど1週間後。

プク⑦.jpg

プクが抱っこしていました!!

母親以外の群れのメスが赤ちゃんを抱っこすることはよくあるのですが、プクが抱っこするのはもう少し先かと思っていたので、びっくりしました!

プク⑧.jpg

ツバオもプクが抱っこしていても特に気にする様子はなく、任せているようです。

しかし私が近づくと、すぐさまやってきてモイを連れていってしまいます・・・(^_^;)

プク⑨.jpg

この日から、プクがモイを抱っこしている姿が頻繁に見られるようになりました(^^)

プク⑩.jpg

プク⑪.jpg

プク⑫.jpg

プクは自分と同じ群れの中に赤ちゃんがいるのは初めてなので、当然抱っこをしたこともありません。

しかし、なぜかはじめから抱っこが上手だったプク。

去年、ちょうどプクと同じ2歳で初めて赤ちゃんを抱っこしたフランソワルトンのトントンは、

DSC04110.jpg

こんな感じで、抱っこされているモカも安定しないようでピーピー騒ぎ、トントン自身もどうしていいのかわからず私に助けを求めてくる始末でした(^^;)

プク⑬.jpg

プクに抱っこされている時、モイは安心しているようで騒ぐこともありません。

展示場でもプクが抱いていることがありますので、運が良ければこんな微笑ましい姿がご覧になれるかも!?

【飼育展示係 久保田】