よこはま動物園ズーラシア公式サイト

ズーラシアスクール第2回目「鳥のヒナを見つけたら・・・」の写真

更新日:2019.11.16ズーラシアスクール第2回目「鳥のヒナを見つけたら・・・」

更新日:2019.11.16

ズーラシアスクール第2回目「鳥のヒナを見つけたら・・・」

こんにちは!

‪ズーラシアスクール担当のヨシタツです。

 

‪先月19日に、ズーラシアスクール第2回目を行いました!

‪ズーラシアスクールってなに?という方はこちら

  

‪第2回目のタイトルは「鳥のヒナを見つけたら・・・」

‪ということで授業の前半は、ズーラシアの動物病院を見に行きました。

 

‪横浜の3つの動物園では、神奈川県からの委託業務として、野生傷病鳥獣保護事業を行なっています。市民の方が保護して持ち込んだ、怪我や病気の野生動物を、動物園で保護・治療し、野生に帰す取り組みです。

 

‪‪子どもたちは、実際に保護された野鳥やタヌキ、エサ用のミルワームなどを見学していました。

 

病院見学1.jpg

▲疥癬症で保護されたホンドタヌキ

病院見学2.jpg

▲鳥のエサとして飼育しているミルワーム

病院見学3.jpg

▲リハビリケージで飼育されている猛禽類

 

 

授業の後半は、哲学対話を行いました。

哲学対話1.jpg

 

哲学対話とは、「身近なテーマや疑問について、自由に話し合い、みんなで考えを深めていくこと」です。

 

‪今回のテーマは「野生動物との関わり方」

 

‪まずはみんなで輪になって座ります。

哲学対話2.jpg

 

哲学対話では、コミュニティーボールと呼ばれるボールを使います。

 

今回は、子どもたちになじみやすいように、ポンポンと名付けて紹介しました。

ポンポン.jpg

 

哲学対話3.jpg

 

自由に話し合う場を作るためには、いくつかのルールを守ってもらいます。

 

哲学対話ルール.png

 

対話の様子

 

哲学対話4.jpg

 

哲学対話5.jpg

 

哲学対話6.jpg

 

哲学対話7.jpg

 

参加したこどもたちは、ルールを守りながら対話を進めることができました。

‪また、半数の子どもたちが、自ら進んで発言してくれました。発言しなかった子どもたちも、頭の中でいろんなことを考えてくれていたら嬉しいです。

 

‪参加していた職員からも、「子どもたちは意外と良く考えていることがわかって、おもしろかった」という意見が聞けました。

 

‪哲学対話は初の試みだったので、反省点も多々あります。

 

‪子どもたちの感想も生かしながら、ズーラシアスクールが、教える授業だけでなく、考える授業になって行くといいなと思っています。

 

 

‪ズーラシアスクール担当 義達