よこはま動物園ズーラシア公式サイト

カルガモ5兄弟の写真

更新日:2019.08.05カルガモ5兄弟

更新日:2019.08.05

カルガモ5兄弟

今年もたくさんの傷病保護動物(野生で暮らしていたケガ等をした動物)が、ズーラシアの動物病院に来ています。

今回は、モフモフ・ふわふわ盛りのカルガモ5兄弟を紹介します!

P1130709.jpg

兄弟...と言っても、オスかメスかは分かりません。母親からはぐれ、側溝にいた所を保護された5羽です。

P1130650.jpg

カルガモは卵から孵ってすぐ歩き回り、親とともに行動します。

水鳥なので大きなプールを部屋に置き、たくさん動けるよう大きな部屋で飼育しています。

5羽でいつも一緒に行動しています。

P1130643.jpg

エサを食べているところ!

来たばかりの頃は、お風呂に浮かべる黄色いアヒルサイズの小ささでしたが

P1130721.jpg

毎日少しずつ成長して、カモらしくなってきています。

脚についているのは個体識別の印です。毎日、朝と夕方の2回体重を測って記録しています。

大きさこそ個体差がありますが、印がないと見分けがつきません...!

最初は、上の写真にあるように、エサと一緒に細かく刻んだ小松菜を与えていましたが、最近、水に浮かべた小松菜を自分たちで食べるようになりました。

P1130703.jpg

集団攻撃を受ける小松菜。。。

P1130689.jpg

葉の部分が食べられました。次の日にはきれいに茎しか残っていません。

長い梅雨が明け、晴れの日が増えてきたので、太陽を浴びてこれからどんどん成長していくことでしょう!

P1130705.jpg

(飼育展示係 渡邉 順)