よこはま動物園ズーラシア公式サイト

保温性抜群?の写真

更新日:2019.07.01保温性抜群?

更新日:2019.07.01

保温性抜群?

みなさん、おひさしぶりです。

傷病鳥獣担当ヨシタツです。

 

暑くなってまいりましたね。

 

この季節は、ヒナの餌となる昆虫が多く、植物の葉も生い茂るので多くの鳥たちの繁殖シーズンです。

そして、傷病鳥獣担当の繁忙期にもあたります。

 

先月は60点を越える野生動物が保護され、ズーラシアに持ち込まれています。その多くは鳥のヒナです。

 

さてみなさん、これが何かわかりますか?

 

6.jpg

 

1.jpg

 

2.jpg

巣。そうです。

 

誰の巣かというと、

 

メジロという鳥の巣です。

 

メジロは体長12cmほど。※体長はくちばしの先端から尾の先まで

日本で1年中見ることができる鳥(留鳥)です。

 

041.jpg▲メジロ

 

今回持ち込まれた巣は、庭に生えているキンモクセイを剪定した際に、誤って枝を切り落としてしまったそうです。

 

キンモクセイは秋になるとオレンジ色の花を咲かせ、甘い匂いを漂わせます。

 261.jpg▲キンモクセイ

 

よく見ると、巣の外側はビニールのようなもの、内側は植物などで作られています。

 

7.jpg

 

4.jpg

ビニールを使うのは保温性が高いからでしょうか?

 

また、枝と巣の接着面には、接着剤として、クモの糸を使っていました。

5.jpg

   

小さな体で、立派な巣をつくるんだなーと感心しました。

 

もう7月。暑い夏が始まります。

ほどほどにがんばって乗り切りましょう。

 

 

新しいメガネが欲しい

飼育展示係 義達