最近の馬たちの写真

更新日:2019.07.14最近の馬たち


更新日:2019.07.14

最近の馬たち

さすが梅雨だなと思う今日この頃。
雨ばかりで、ジメジメした嫌な日が続きますね。そして、梅雨が明ければ暑い夏がやってきます。

この動物が暑さと湿気で体調を崩しやすい季節に突入する前に、色々と馬の体のメンテナンスをしましたのでご報告を。

 

まずはこちら。
顔は見えませんが、ゆうすけ(21歳)です。

ぱかぱか2019健康管理0.jpg

年齢からしても歯のトラブルはつきもの。ちょっとかわいそうに見えますが、歯の管理はとても大切。薬で少し眠くなってもらっています。最近、牧草を食べる様子も少しおかしいので確認することにしました。臼歯(奥歯)が尖ってきてしまうと、エサが食べづらくなったり、頬を傷つけてしまうことがあります。今はどうなっているのか見て確認します。

 

馬.jpg

今度は触って、歯と頬の状態を確認します。
尖って頬を傷つけてしまっているところがありました。

 

ぱかぱか2019健康管理2.jpg

問題の箇所を削ってもらいます。

 

ぱかぱか2019健康管理3.jpg

削り終わったらもう一度触って確認を。

 

ぱかぱか2019健康管理5.jpg

横に飛び出していた歯の破片が出てきました。
この歯が頬に当たってしまっていたようです。

 

ぱかぱか2019健康管理6.jpg

無事に処置が終わったものの、まだ眠いゆうすけ・・・。
「お疲れ様です!よく頑張った!」

 

 

そして、蚊が増える時期になる前にワクチン接種も!

ぱかぱか2019健康管理7.jpg

一番注射に馴れている光翔ですが、目で何かを訴えているようにも見えます。
ぱかぱか広場では、日本脳炎、馬インフルエンザ、破傷風の3種類のワクチンを打っていますが、今回は日本脳炎のワクチンです。

 

 

それから、蹄の状態も変わってきました。

ぱかぱか2019健康管理8.jpg

蹄が伸びやすく、湿度で柔らかい時期になります。
随分と伸びたな〜。

 

ぱかぱか2019健康管理9.jpg

蹄の真ん中にある蹄叉(ていさ)という部分。ここは蹄の中でも少し柔らかい部分。柔らかいと言っても車のタイヤぐらいの硬さはあります。ここも内側から伸びてきて、古い蹄叉が剥がれてきています。

 

 

6月末には、2ヶ月に一度の削蹄を!
装蹄師さんに来てもらい削蹄もしてもらいました。

ぱかぱか2019健康管理10.jpg

切れ味の良いペンチのような道具で、バチンバチン切っています。

このあと鎌で微調整をして、

ぱかぱか2019健康管理11.jpg

仕上げはヤスリでゴリゴリと。
この様子を見ているとなんだかいつもお腹が減ってきます。

 

 

なぜかって?

ぱかぱか2019健康管理12.jpg

あれに見えてしまうのです。

サラダとかパスタとかにかけるあれ。 

ぱかぱか2019健康管理13.jpg

そう。

私の大好きな「チーズ」

実際は、硬くて、馬の蹄特有のなんとも言えない匂いがするので、全く美味しくなさそうなのですが、いつもね・・・。

 

ぱかぱか2019健康管理00.jpg

このように、6月は色々と馬の健康に関わるイベントが盛りだくさんでした。
これで、ジメジメした梅雨と暑い夏を健康に乗り越えられたらいいな!

 

ぱかぱか広場 北川健史