くらべてみましたの写真

更新日:2018.07.04くらべてみました


更新日:2018.07.04

くらべてみました

 

みなさま、こんにちは。
01.jpg

 

いきなりですが
動物の『あしの指』をじっと見たことはありますでしょうか。

ズーラシアには5種類のイヌ科の動物がいます。
5種類は同じイヌ科ですが、属(さらに細かく分類されたもの)が異なっています。

今回はそれぞれの『前あしの指』に注目してみました!

 

●リカオン リカオン属02.jpg
 
03.jpg

 

 

●ドール ドール属04.jpg
 
05.jpg

 

 

●ヤブイヌ ヤブイヌ属ヤブイヌ全身.jpg
 
07.jpg

 

 

●ホンドギツネ キツネ属08.jpg
 
09.jpg

 

 

●ホンドタヌキ タヌキ属10.jpg
 
11.jpg

 

違いを見つけられましたか?

 

いままで何度も
リカオンはイヌ科の動物
という話をしてきました。
イヌ科の動物は、一般的に、前5本、後ろ4本の指があります。
しかしリカオンは、前も後ろも4本指になっていて、
前あしの第1指(私たちの親指にあたる指)である狼爪(ろうそう)がありません。

リカオン以外の4種には
地面に接している指から少し上の方に爪が生えています。
もう一度写真を見てみましょう。

 

リカオン
12.png

 

ドール
13.png

 

ヤブイヌ
14.png

 

ホンドギツネ
15.png

 

ホンドタヌキ
16.png

 

 

4本指のほうが、より走るのに適した形であると考えられていますので
リカオンはイヌ科の中でも、より走りやすく進化してきたのでしょう。

 

同じイヌ科でも、それぞれの生息環境に合わせて
体の色・大きさ・毛の長さなどたくさんの違いがあります。
何故そうなっているのか、考えながら観察すると
いつもと違うことが発見できるかもしれません。

 

5種類のイヌ科の動物たちを、実物でも見比べてみてくださいね。
17.jpg

 

 

 

飼育展示係 石田マナ