ラスクマルのお気に入りの写真

更新日:2018.06.28ラスクマルのお気に入り


更新日:2018.06.28

ラスクマルのお気に入り

こんにちは!

梅雨入りしてじめじめしたお天気が続いていますが、こんなお天気でも毎日楽しそうにしているインドゾウのラスクマル(オス)。

今日はラスクマルお気に入りの、この銀色の物体についてご紹介したいと思います。

【飼育日誌】20180625:ラスクマルのお気に入り②.jpeg

お昼前にラスクマルの展示場に設置しているのですが、何だか分かりますか?

ラスクマルは嬉しそうに耳をパタパタさせながら、これを鼻で持ち振って使います。

実はこの物体は給餌器(きゅうじき)なのです。

野生のゾウは広大な森を移動しながら食べ物を探して1日を過ごしますが、動物園では自分で探さなくても展示場に餌が置かれるので、すぐに食べ終えてしまいます。

そこで、少しでもゾウが自分で工夫して餌を食べ、少しでも採食時間を長くしたい!と導入されたのがこの給餌器です。

この給餌器は、ゾウ用に作られているので重さが7.82㎏と頑丈で、直径2.6㎝の穴が3個開いています。

【飼育日誌】20180625:ラスクマルのお気に入り③.jpeg

ここに細かく切ったニンジン、リンゴ、パンの耳や時々ぶどうを入れて蓋をし、ラスクマルの展示場に設置します。

【飼育日誌】20180625:ラスクマルのお気に入り④.jpeg

展示場に出たラスクマルは牧草を食べ終えると給餌器に向かって行って

中のにおいをかいで・・・

【飼育日誌】20180625:ラスクマルのお気に入り⑤.jpeg

上手に鼻で持ってブンブン振ります。

【飼育日誌】20180625:ラスクマルのお気に入り⑥.jpg

振ると小さな穴から中のニンジンやリンゴがポロポロ出てくるのです。

これを上手に鼻にためて口に運びます。

ラスクマルのなんとも嬉しそうな顔!!

地面に落ちた中身もしっかり拾って食べています。

【飼育日誌】20180625:ラスクマルのお気に入り⑦.jpeg

閉園時間には空っぽになっていました!

人間でも中身を全て出し切るのは至難の業なのですが、鼻を器用に使って空っぽにするラスクマルはすごいですね!

こうしてラスクマルは楽しみながら時間をかけて餌を食べています。

【飼育日誌】20180625:ラスクマルのお気に入り⑧.jpg

お昼前と夕方に給餌器で遊んでいることが多いので、ぜひ楽しそうなラスクマルを見に来てください!

【飼育展示係 桒原】