よこはま動物園ズーラシア公式サイト

うんちに注目してみよう!の写真

更新日:2016.05.25うんちに注目してみよう!

更新日:2016.05.25

うんちに注目してみよう!


皆さんは、動物のうんちを見たことはありますか?


ペットを飼っている方は、もちろん見たことがありますよね。

そうでない方も、犬のお散歩中に取り忘れた落とし物、野良猫や野生動物の

うんちを見た事があると思います。


では・・・

皆さんは一体、何種類の動物のうんちを見たことがありますか?




イヌ、ネコ、ウサギ、ハムスターetc

動物を飼っていた方なら、数種類の動物のうんちは見たことがあるかと

思います。もしかしたら、今まで「うんちなんて・・・」と、あまり

気にしていなかった方もいるかもしれませんね。



今まで見てきたうんちを少し、思い出してみてください・・・。 




そう・・・うんちと一言で言っても、

動物種によって大きな違いがありますよね。

うんちの量・形・色・臭い・・・




今回は、草食動物と肉食動物を例にとって、

うんちの違いについて見てみましょう!








◎草食動物代表 ウマ

直径5cm程の塊を1度に20~30粒まとめて出していました。

※ウマの大きさによって、塊の大きさは多少前後します

そして、1日におよそ12回と何度もうんちをします。

臭いはそこまで強くありません。



◎肉食動物代表 ライオン

草食動物と比べると、量が少なくコンパクトなうんちでした。

15cmほどの細長いの塊を2~3塊。

※食べたものによって、多少大きさは変わります

1度に出す量も少ないですが、1日の1回程度と回数も少なめです。

臭いは強烈とのこと・・・。ははは・・・。




さてさて、このうんちの違いは、一体どこから生まれるのでしょう・・・?




いろいろと理由はあるかと思いますが、

やはり食べものの違いが一番影響しているみたいです!!!





では、なぜ食べものが違うとうんちがこんなに違うの?



1. 食べものが違うと体の内側にも違いがあります


草食動物

繊維を多く含んだ草は消化吸収されにくい食べものなので、長い時間を

かけてゆっくりと消化吸収しなくてはいけません。

そのため、草食動物の消化器官はとっても発達しています。


○肉食動物

肉は草と比べると消化吸収しやすい食べものです。

肉食動物の消化器官は、草食動物と比べると体の大きさの割に短く、

容積も小さくなっています


必要な栄養をより吸収する事が出来るように、消化のための器官や能力に

違いがあるのですね。



2. 食べなくてはいけない量にも大きな違いがあります


○草食動物

主食である草は、肉と比べるとずっと栄養価の低い食べものです。

栄養を得るには、たくさんの量を食べねばなりません!!

1日の大半を食べて過ごす動物も少なくありません

食べる量が多い上、消化吸収しきれないものも多いため、

うんちの量も多くなるのです。


○肉食動物

栄養価の高い食べものを食べているため、

草食動物のようにたくさんの量を食べる必要はありません。

(野生では、次にいつ肉にありつけるかわからないため、

食べられるうちにたくさん食べる!という事もありますが…)

食べる量が少ない上に、食べたものはほとんど消化吸収されるため、

うんちの量もコンパクトになります。 




動物園に来れば、たくさんの種類の動物のうんちを見ることができます!

うんちをよく観察して、動物種の違いを感じてみるのも

面白いかもしれませんね。

ついつい動物ばかりに目がいってしまいますが、着眼点を変えると、

新たな発見があるかもしれませんよ!





最後に・・

今回、紹介したうんちの排泄者をご紹介。



◎草食動物代表 ウマ


お昼寝がお気に入りの春太くんでした♪


◎肉食動物代表 ライオン

ローズマリーがお気に入りのソラくんでした♪



ぱかぱか広場 池田