レッサーパンダ 恋の季節到来~出会い編~の写真

更新日:2015.03.04レッサーパンダ 恋の季節到来~出会い編~


更新日:2015.03.04

レッサーパンダ 恋の季節到来~出会い編~


先日のブログでもご紹介したレッサーパンダのチャタロウですが、
肝心な事をお伝えしていませんでした。

チャタロウがズーラシアにやって来たとっても重要な目的といえば・・・

以前よりズーラシアで飼育しているララ(メス 10歳)と繁殖を目的とした
新たなペアを組ませることです。

レッサーパンダは1~3月に「恋の季節」を迎えます。
野生では、通常は単独で生活していますが、この季節に
オスとメスが出会います。
それに合わせ、ズーラシアでもペアでの同居展示をしています。

チャタロウが甲府から入園したのは去年の10月でした。
そこから、新たな環境に慣れ、その時期までにララとペアを組ませるには、
かなりタイトなスケジュールでした。

まずは、ペアとしての相性を確認するための「お見合い」をしました。

ララ「レンくんじゃない。どなたですか?」


チャタロウ「クウちゃん(甲府のメス)じゃない。誰ですか?」

初対面では、お互い見慣れない姿にビックリした様子でしたが、
11月中の休園日を利用して、今度は2頭いっしょに展示場に出てみました。

栗の木の上で出会い。

時々、すれ違い。
ようやく、お互いの存在を認識したようです。



昨年末には、こんな近くでリンゴを食べられるようになりました。

そして現在、「恋の季節」真っ只中。
この先も2頭の行方が気になるところです。

(飼育展示係 大谷)